体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

悪夢にうなされて不眠気味。 悪夢を見なくてすむコツを試してみた

悪夢にうなされて不眠気味。 悪夢を見なくてすむコツを試してみた
Fuminners(フミナーズ)をご覧のみなさま、はじめまして。俳優・作家の伊藤裕一と申します。寝付きが悪く、悪夢をほぼ週1のペースで見てしまうという「睡眠」に対してかなりの苦手意識を持った俳優です。

職業柄なのか、性格なのか、意味不明な悪夢にうなされて不眠の夜が多く、常々「眠れない、眠れない」とTwitterでつぶやいていたら、Fuminners編集部から「睡眠についての悩みや悪夢による不眠を解消する方法をいろいろ試してほしい」と声が掛かり、連載をさせていただくことになりました。

最近見た変な夢で印象に残っているのは、“大物演歌歌手のコンサートにゲスト出演して、いっしょにカツオを豆まきみたいに会場に撒く”という夢です。

そもそも、人はなぜ悪夢を見るのでしょう?

研究データなどによると、潜在意識(無意識)の中にある恐怖や苦悩などの強い感情が、眠っている最中に夢となって現れるのだそうです。また夢を見る割合として、成人の5~10%が少なくとも月に1回以上の悪夢を見るんだとか。

夢を見るタイミングは、レム睡眠中(眠りの浅い時間)、目覚める前の30分とのこと。だから、夢の中でショッキングな出来事があると飛び起きるんですね。僕くらい悪夢で不眠に悩んじゃうレベルになると、最低でも週に1度は悪夢を見ています。

緊張とプレッシャーの気持ちが、夢に影響しているのかも

舞台上でセリフが出てこなくなる――。

リハーサルになかった、まったく知らないシーンの撮影がはじまる――。

とくに、本番前の晩には、この手の夢を見なかったためしがありません。これこそまさに、僕の潜在意識の中にある失敗に対する「恐怖」なのかもしれません。僕はいつも「この作品を必ず成功させてみせる!」と思いながら作品に携わっています。

本番を迎える直前にもなると、作品の完成度も高まり、より自分の意識も高まってとてもよい精神状態で本番を迎えられる…はずなのですが、やはり心のどこかで、「自分がミスをすればこれまでのすべてが台無しになる」というプレッシャーを抱えているのだと思います。

news_160705_nightmare_002

↑ 稽古中の様子。台本を読んで心情を理解しようと、ついつい役に入り込みすぎてしまうのも、変な夢を見る原因になっているのかも。

脚本を執筆するときも、たくさんの資料を読んだり、多くのキャラクターの心情を考えなければならなかったりすることが理由なのか、まったく意味が分からない悪夢を連日のように見ています。おかげでぐっすり眠れた気がしないまま、日中は頭がぼんやり。

悪夢を見なくてすむコツを試してみた

「眠っているときは脳が情報を整理しているのだから、多少の悪夢は仕方がない」とあきらめていましたが、どうもそういうわけではなく、悪夢による不眠の悩みは寝る前のちょっとしたコツで軽くできるそう。

寝ているときくらい安心して休みたい!とにかく、ぐっすり眠りたいので悪夢を見なくてすむコツを、試してみることにしました。

その①

寝相に気をつけると、夢の内容や睡眠の質が変わる

→悪夢を見たり、睡眠の質が悪くなったりするといわれている寝相は、左向き(心臓が下に来る)やうつぶせの状態らしいです。専門家は、“胸や腹部が圧迫され、脳に届く酸素量が少なくなることが原因ではないか”と推測しているのだそう。

これは、目からウロコ!

僕はベッドで寝ているのですが、ちょうど身体の右側に壁がくるようにベッドを配置していました。となると、壁を向いて寝るのはなんだか窮屈。なので、いつもわりと左の心臓がある方を下にして寝ていることが多かったように思います。

よくよく思い起こすと、悪夢を見て、心臓バクバクで目が覚めることがよくあったのです。とある映画に出演していたころは、よく巨人に追いかけられる夢を見たものです。夢の中でも勝てないなんて…。

news_160705_nightmare_03
1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。