ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

北海道のソウルドリンク「カツゲン」に迫る!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

進学や就職で北海道を離れた人が、

広大な大地に思いをはせ、飲みたくなるドリンクの代名詞。

雪印メグミルクが販売する「カツゲン」です。

優しい甘みと乳酸菌飲料ならではの酸味。

ゴクゴクと喉を鳴らして飲める爽やかさ。

「カツゲン」は道産子のソウルドリンク!

コンビニやスーパーなど、あちこちに並んでいる光景がお馴染みのため、

「カツゲン」が「北海道限定」だということを知らない人さえいます。

人々を魅了してやまない「カツゲン」が、

このたび、販売から60周年を迎えたというのです!

いてもたってもいられず、

札幌にある、雪印メグミルク株式会社に向かいました。

健やかなる時も、病める時も、常に「カツゲン」を愛することを誓いますか。

その問いに、はっきりと大きな声で、誓います。

「カツゲン」を愛してやまない、メシ通レポーターの裸電球です。

「カツゲン」とは

爽やかなブルーが目を引くパッケージ。

北海道以外では販売されていないため、

「北海道に来ないと飲めない」という、何ともレアな飲み物です。

サイズは1人でたっぷり味わえる500mlと、

家族みんなで楽しめる1,000mlの2種類。

道外で働く道産子は、お盆やお正月に帰省し、

冷えた「カツゲン」をゴクゴク飲んだ瞬間に、

心も身体も「帰ってきたぞ」という気分になるそうです。

そんな「カツゲン」。

今年は 販売開始から60周年 というおめでたい年なのです!

ウズウズ……。

ウズウズウズ……。

ああ、好奇心がウズウズ……。

こうなると、僕もうダメなんですよ。

自分の意志を抑えることができず

電話に手が伸びます。

電話をしたのは、「カツゲン」を販売する雪印メグミルク株式会社。

「突然のお電話すみません、僕、『カツゲン』大好きなんです」

「(ありがとうございます!)」

「ちょっとお邪魔していいですか?」

「(こちらに…ですか?どのようなご用件で?)」

「『カツゲン』について色々教えてください!」

来ちゃいました!

なんとまあ! 言ってみるものです。

特別にお時間をいただくことができました。

うれしい!

北海道に生まれて良かった!

まさかこんな日がくるとは……感激です。

見学は完全予約制です。

ご覧になりたい方は前日までにお電話を!

混雑状況によっては予約できない日もあるので、注意してくださいね。

工場に隣接する「酪農と乳の歴史館」です。

創業以来の歴史がわかる貴重な資料が並んでいます。

さらに、現在製造されている商品の紹介も!

雪印メグミルクといえば、様々なものを作っていますからね。

ワクワクが止まりません!

例えばこれ!

北海道といえばバター!

パッケージの色は今のほうが濃い黄色ですが、

デザイン自体に大きな変更はないんですね。

知らないことがたくさんあります。

私、バターの消費量は多い方だという自信ありますよ。

コーンバター、ジャガバター、バター味噌らーめん。

北海道はバターに合う食材の宝庫ですからね。

そんなバターを製造する、工場のライン模型です。

コンベアなどが、しっかりと動いているんですよ。

商品が完成し、段ボールに詰められるまでの工程が一目瞭然!

大人の社会科見学、たまりません。

そっか!

その手もあったか!

大好物の「6Pチーズ」です。

このチーズを肴にいつもビールを飲んでいるから大興奮。

すごいな~、雪印メグミルク。

このチーズも相当な歴史がありますからね。

ウズウズ……。

ウズウズウズ……。

色々学びたくなってきますね!

ここで我に返ります。

あら?

私はここに……何しに来たんだっけ?

「カツゲン」について、うかがうんだった!

あぶない、あぶない。

童心に戻って、工場見学を楽しみすぎました。

カツゲンについて教えてもらうのが本当の目的ですから!

今日はよろしくお願いいたします!

「酪農と乳の歴史館」の猪狩館長です。

販売から60年。

聞きたいことがたくさんあります。

貴重な資料がありました!

見せていただいたのが、歴史を感じるポスター。

昭和初期に「活素(かつもと)」という商品を製造しており、

これが「カツゲン」のルーツになったのではないかと考えられています。

その後、1956年に名称を変えて登場したのが、こちら!

商品名の由来が瓶にはっきりと書かれています。

「活力の給源」ですって。

略して、「カツゲン」じゃないですか!

さらに、縁起をかついで飲まれていたことから、

「活」を「勝」に置き換え、「勝源」になったそうです。

なるほど!

でも……今の商品名って、「ソフトカツゲン」ですよね?

なんですか、この「ソフト」は?

当時、瓶で販売されていた「カツゲン」は、

無脂乳固形分が3%。

現在は1%ですから、昔のほうが濃かったんですね。

ゴクゴクと飲めるようにと開発が進み、「ソフト」になったというわけです!

期間限定で2016年1月に発売された「あのころのカツゲン」は、

当時の濃い味わいが楽しめると、懐かしむ年配の方から大人気!

店頭に並んでも、あっという間に売り切れるという事態に!

問い合わせの電話も鳴り止まなかったそうです。

私は飲みそびれてしまいました……ザンネン!

年に2回ほどのペースで、新しい味の「カツゲン」が期間限定で登場します。

これが美味しいんですよ。

「カツゲン」の味って、フルーツ系のフレーバーと相性抜群なんですよね。

ちなみに取材時の期間限定は「ももカツゲン」でした。

子どもから大人まで愛されそうな、キュートな味わいです。

劇団四季とコラボした商品も期間限定で販売されていました。

マスカット味ですって!

目を引くパッケージですよね。

施設内には「勝源神社」も!

受験シーズンは、「カツゲン」のパッケージにも、

この神社の写真がプリントされます。

何かに勝ちたいときには是非!

ブツブツ……。

仕事がうまくいきますように……。

子どもが元気に成長しますように……。

それと……お小遣いが増えますように……。

あと、面白いネタが思いつきますように……。

『メシ通』を読んでくださる皆さんが幸せになりますように……。

たのむぜ、「カツゲン」!!!

これで今日から「カツゲン」博士!

ということで「カツゲン」の魅力に迫りました。

いかがだったでしょう、飲みたくなってきませんか?

なんてったって「北海道限定」ですからね。

次の旅行先は北海道に決まりでしょう!

今年が発売開始から60年の節目。

これからも北海道民は「カツゲン」と共に歩んでいきますよ!

お店情報

雪印メグミルク(酪農と乳の歴史館)

住所:北海道札幌市東区苗穂町6丁目1番1号

電話番号:011-704-2329

予約受付時間:9:00~11:30 13:00〜17:00

定休日:土曜日・日曜日・祝日・年末年始

ウェブサイト:酪農と乳の歴史館

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:裸電球

北海道を拠点に食べ歩き。CATVでグルメ番組のレポーターを担当したことをきっかけに、ハシゴ酒が趣味となる。入りづらいお店に突撃するのが大好き。現在はフリーで、映像制作とライターの仕事をしている。 ブログ:「裸電球ぶら下げて」

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

【極楽】ジンギスカンパーティやってみたい【ジンパ】
初セリ1玉50万円!? 当麻町の「でんすけすいか」に密着!
自動販売機で買う最強のTKG「かっぱの健卵」がうまい!【北海道比布町】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP