体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

北海道のソウルドリンク「カツゲン」に迫る!

f:id:mesitsu_lc:20160803182127j:plain

進学や就職で北海道を離れた人が、

広大な大地に思いをはせ、飲みたくなるドリンクの代名詞。

雪印メグミルクが販売する「カツゲン」です。

優しい甘みと乳酸菌飲料ならではの酸味。

ゴクゴクと喉を鳴らして飲める爽やかさ。

「カツゲン」は道産子のソウルドリンク!

コンビニやスーパーなど、あちこちに並んでいる光景がお馴染みのため、

「カツゲン」が「北海道限定」だということを知らない人さえいます。

人々を魅了してやまない「カツゲン」が、

このたび、販売から60周年を迎えたというのです!

いてもたってもいられず、

札幌にある、雪印メグミルク株式会社に向かいました。

f:id:mesitsu_lc:20160803182141j:plain

健やかなる時も、病める時も、常に「カツゲン」を愛することを誓いますか。

その問いに、はっきりと大きな声で、誓います。

「カツゲン」を愛してやまない、メシ通レポーターの裸電球です。

「カツゲン」とは

f:id:mesitsu_lc:20160803182134j:plain

爽やかなブルーが目を引くパッケージ。

北海道以外では販売されていないため、

「北海道に来ないと飲めない」という、何ともレアな飲み物です。

f:id:mesitsu_lc:20160803182130j:plain

サイズは1人でたっぷり味わえる500mlと、

家族みんなで楽しめる1,000mlの2種類。

道外で働く道産子は、お盆やお正月に帰省し、

冷えた「カツゲン」をゴクゴク飲んだ瞬間に、

心も身体も「帰ってきたぞ」という気分になるそうです。

f:id:mesitsu_lc:20160803182136j:plain

そんな「カツゲン」。

今年は 販売開始から60周年 というおめでたい年なのです!

ウズウズ……。

ウズウズウズ……。

ああ、好奇心がウズウズ……。

こうなると、僕もうダメなんですよ。

自分の意志を抑えることができず

電話に手が伸びます。

f:id:mesitsu_lc:20160803182139j:plain
1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。