体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ラテンロックやフュージョンを創成したサンタナの名作『天の守護神』

60年代後半、サイケデリックロックやブルースロックが全盛のサンフランシスコで、複雑なラテンのリズムとロックのグルーブ感を混ぜ合わせ、まったく新しいロックのスタイルを作り上げたグループがサンタナだ。メキシコ生まれのカルロス・サンタナはポール・バタフィールドに憧れてブルースバンドをスタートさせるが、自身のルーツであるラテン音楽をロックに組み込むことに成功し、69年から現在に至るまで驚くほどのメンバーチェンジを繰り返しながらも活動を続けている。今回はサンタナの代表曲「ブラック・マジック・ウーマン」を収録した彼らの2ndアルバム『天の守護神(原題:Abraxas)』を紹介する。
SANTANA『Abraxas』のジャケット写真 (okmusic UP's)

70年代初頭のロックシーン
1950年代後半にロックが生まれてすでに60年ほどになるが、ポピュラー音楽史的に言えば、ロックの最高の時期は間違いなく60年代後半から70年代中頃までだろう。そう言い切ってしまうと、その時代を知らない人からは反感を買うかもしれない。しかし、本当に当時の勢いはすごかったのだ。新しいグループやシンガーが毎月のように登場し、そのどれもがまったく新しいサウンドを引っ提げくるのだから、ヘヴィリスナーとしてはお金と時間がいくらあっても足りなかった。
僕が中学生になった1970年、すでにビートルズは解散間近であったが、エルトン・ジョン、CCR、ピンク・フロイド、レッド・ツェッペリン、ザ・ローリング・ストーンズ、ジミ・ヘンドリックス、ディープ・パープル、ジャニス・ジョプリン、ザ・バンド…等々、このへんのミュージシャンの新譜が出ると、友だちと手分けしてダブらないように買って、あとで貸し合うというシステムを取っていた。そんな中、友人の誰かが選んだサンタナの『天の守護神』もセレクトされていて、他のロックとはまったく違う熱いサウンドに僕は惹かれていった。しばらくすると、本作収録の「ブラック・マジック・ウーマン」が日本でも大ヒットし、アッと言う間にサンタナは人気グループとなっていた。
当時は、まだインターネットやパソコンがないので、情報源は音楽雑誌とラジオのみであったが、サンタナについての情報収集をマメに行ない、「ブラック・マジック・ウーマン」はフリートウッド・マックのカバーであること、レコードデビューは『フィルモアの奇跡』(‘69)でサンタナ・ブルース・バンド名義であったこと、本作がサンタナとしての2ndアルバムであること、サンタナの音楽がラテンのリズムを取り入れていること…などを知ることになる。今ではインターネットを使えば1時間以内で分かることも、当時は何カ月もかけないと分からなかった。70年代初頭はそういう時代でもある。

カルロス・サンタナのギター
当時、注目を集めていたのがカルロス・サンタナのギターワークで、ロングサステインの効いたドラマチックなギターソロは、エリック・クラプトンやデュアン・オールマンに負けないぐらい人気があった。子供ながらにサンタナのギターがマイク・ブルームフィールドとデュアン・オールマンに影響されていることぐらいは理解していたが、その後、ディープ・パープルの「ハイウェイ・スター」(‘72)で、リッチー・ブラックモアのソロの部分にカルロス・サンタナのフレーズが使われているのを聴いて“ミュージシャン同士の相互影響でロックは進化する”ということを体感したものだ。

サンタナのデビュー
さて、サンタナは1969年にアルバム『サンタナ』でデビューするのだが、それまでに『フィルモア』への出演や『ウッドストック・フェス』への参加も果たしており、アメリカではすでによく知られていただけに、発売直後から大きな反響を呼んだ。サンタナの魅力は、何と言ってもライヴ時の圧倒的なノリである。複数パーカッションとドラムのコンビネーションは身体が自然に動きだすほどだし、それに加えてカルロス・サンタナの熱気を帯びたギターソロが煽るのだから、どうにも止まらないのだ。その熱気は『ウッドストック・フェス』や『サンタナ』のラストに収録されている「ソウル・サクリファイス」を聴いてもらえれば納得していただけるはずだ。
デビューアルバムのメンバーは、カルロス・サンタナ:ギター、グレッグ・ローリー:キーボード、マイク・シュリーヴ:ドラムス、デイブ・ブラウン:ベース、ホセ・チェピート・アレアス&マイケル・カラベロ:パーカッションの6人で、アルバム収録曲9曲のうち4曲がインストという内容。このデビュー作で、すでにサンタナのラテンロックは完成しているのだから、すごいグループである。デビュー作ながら全米チャート4位まで上昇、未だに古びない名盤だと思う。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。