体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ブラジルで独自の進化を果たした!噂の「すき家」に行ってみた!

 

日系人や、日系企業に勤め在中する人、そんな人たちが多いサン・パウロでは、「ここ5~6年で今までにも増して日本食レストランが増えている」と、ホステルのフロントさんが話してくれました。

そんな日本食レストランの中には、日本一の店舗数を誇り、日本を代表する牛丼チェーンである“すき家”の姿も!

 

公式サイトには、「O maior fast food do Japão no Brasil」(『ブラジルで1番有名な日本のファーストフード』)とも表記され、ブラジルでの人気が伺えます。今回は地球の真裏で日本を感じることができる“SUKIYA Brasil”について紹介させていただきます。

 

日本では味わえない“GYU-DON”と“Curry Japonês”

 

2010年に「ブラジル日本移民史料館」があり、日系移民とも関わりが深い都市サン・ジョアキンに第1号店が開店し、現在(2016年8月)では13店舗にまで店舗数を増やしています。

 

人気メニューはやはり牛丼で、“THE TOKYO BOWL”という名もつけられています。種類はオリジナルの牛丼をはじめ、SUKIYA Brasilならではの“しめじ”“トマトソース”“チーズクリーム”“トマトチーズ”がありました。

 

(牛丼以外のどんぶりは鶏尽くし、キッズメニューも。)

 

オリジナルの牛丼が“並サイズ”で13レアル(約400円)、カレーは14レアル(約430円)と、日本食レストランでありながら、現地のレストランと比べてもお手頃な価格で日本食を楽しめることができます。

 

SUKIYA Brasilならではのラーメンメニュー!

(ラーメンメニューは最多の10種!チャーシュー麺では麺が見えません…)

 

 

一番驚いたのが、このラーメンです。もちろん、日本のすき家で見たことがないということもありますが、それよりもこの種類の豊富さに驚きました。醤油、味噌、担々麺をベースに、チャーシュー麺などもあります。オーソドックスな醤油ラーメンは15レアル(約450円)でした。

 

“いらっしゃいませ!!”とお出迎え!内装も東京感が満載!

ブラジルのすき家ではファストフード店らしく、レジで注文し、受け取ってから席につくというシステムと、日本のすき家同様に席についてからボタンで店員さんを呼ぶものがありました。店内の壁には、ねぶた祭りを思わせる柄や雷門という文字、スカイツリーや招き猫が描かれていて、日本や東京を感じさせてくれます。

 

もちろん、壁だけではなく、メニューの日本語表記やトイレの“男性・女性”という漢字表記、箸袋にも日本を感じるポイントがあるなど、隅々まで日本色でいっぱいでした。

 

 

そして、店に入ると店員さんが「いらっしゃいませ~!」と元気に出迎えてくれ、帰りにはもちろん「ありがとうございました~!」と言っていました。

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。