体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

風呂出トレ太先生による「エンジニアの技術習得講座」【エンジニア予備校#1】 #engineer_moshi

「価値のあるエンジニアになりたいけど…」と、漠然と考えていたカケルとタエ子の前にあらわれた、エンジニア予備校の熱血塾長。
彼がまずはじめに2人に紹介したのは、エンジニアの技術習得についての先生!あれ、どこかで見たことがあるような…!?

登場人物

塾長

昔、多くの部下をデスマーチで失ってしまったことから、しっかりとエンジニアの価値を世に伝えるため熱血指導を志す。

高堂カケル(コードカケル)

高専で情報処理を専攻し、都内のソフトウェア会社にインターン中。流行の技術を追うのが大好き。Rebuildにいつか出ることが夢。

二徹タエコ(ニテツタエコ)

大学を卒業し、たまたま受かったIT企業に就職。なんとなくやってきたが、これでよいのか悩んでいる。責任感が強く、残業を任されることが多い入社5年目。

風呂出トレ太先生(フロデトレタ)

高校生の頃、データ入力のバイトをしている際に、プログラムを書いて自動化したことがきっかけでエンジニアの道に入る。お風呂が大好きなので、いつも入浴しながらプログラミングしている。新しい技術を追いつつ、サービスのこともしっかり考えるバランス感覚を大事にしている。

#1 風呂出トレ太先生による「エンジニアの技術習得講座」

それでは早速、特別講師による1時限目を始めたいと思う!最初のモンスターはコイツだ〜!


(こういうノリの学校だったかしら?)


ウェイヨー!


キャッー!

1 2 3 4 5 6次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。