ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ラグジュアリーキャンプを楽しむ人がLクラスミニバンに行きつく理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

▲テントエリアに快適性を求めると必然的に大きな道具がたくさん必要になります。それらをしっかり積めて、道具に負けないラグジュアリーさのある車となると、自然にLクラスミニバンになるのです

縦方向のスペースが大きいLクラスミニバンの荷室は魅力的

昨今のアウトドアブームでキャンプデビューしたファミリーは、最初にファミリータイプのドームテントとタープのセット、人数分の寝袋(シュラフ)+チェアとテーブル、LEDランタンなどを手にしたはず。

そして多くのファミリーキャンパーが次のステップとして憧れるのが、高価な道具でゴージャスなキャンプサイトを作るラグジュアリーなキャンプでしょう。最近のグランビングブームはその延長線上にあるともいえます。

また、ハイクラスな道具はキャンプサイトをゴージャスに彩るだけでなく、道具としての完成度の高さも人気の秘密です。キャンプ場の天候が急変し強い雨が長時間降り続けたとき、安いテントやタープだと雨漏りしたり最悪の場合は強風でポールやペグが折れてしまうこともあります。

▲モノポールタイプの大きなコットンテントも人気。キャンプ場が華やかになります。一方で収納したときの大きさや重さがあるため、荷室が大きな車が必要に

一度でも「アウトドアグッズにこだわりたい」と考えたなら、道具を物色すると同時にそれを積む車も本気で考えましょう。オススメはトヨタ アルファードや日産 エルグランドなどのLクラスミニバンです。

ハイクラスな道具に合わせるなら高級感ある輸入SUVの中古車を探したいという人も多いと思いますが、SUVだと道具を揃えていくうちに積載量が足らなくなる日がやってくる可能性大……。その点、Lクラスミニバンは3列目席を畳んだときの荷室に高さがあるため、より多くのものを積むことができるのです。

事実、ラグジュアリーなキャンプを楽しんでいる筆者の知人にも、輸入SUVからアルファードに乗り替えた人が数名います。皆さんも、下にあげた条件のうちひとつでも当てはまるなら、Lクラスミニバンを本気で検討してみる価値がありますよ!

▲ラグジュアリーキャンプを盛り上げてくれるグッズのひとつがハンモック。脚が付いたタイプは設置場所に困らなくて便利ですが、かさばるのが難点

▲ちりも積もれば山となる……。ひとつひとつは小さな道具でも、数が増えると移動時にそれなりのスペースが必要に

ハイクラスなキャンプ道具は大きいものが多いのです

▲テントやシェルター、タープを連結させると雨の日も快適! キャンプに行くといろいろなスタイルで楽しんでいる人がいるので、物欲が抑えられなくなります(笑)

ラグジュアリーなキャンプに憧れると、スノーピーク、キャンパルジャパン(小川キャンパル)、ノルディクスあたりのテント、シェルター、タープを手に入れることを目指す人が多いのでは?

例えばスノーピークだとデザイン性はもちろん耐久性も高い道具が揃っています。一方でオートキャンプが前提で製品開発されているため、居住空間の広いものだとシェルターだけで重さは20kg近く。当然、畳んだときのサイズも大きくなります。そこにタープが加わりリビング周りの道具や遊び道具が加わると……あっという間に荷室がパンパンになってしまうんです。

◆クーラーボックスを2つ以上使う

▲畳めるソフトクーラーは便利ですが、冷却性などを考えるとハードタイプが欲しくなりますね。クーラーボックスは荷室でかなりかさばる存在に

キャンプ道具の中でも荷室で場所をとるのがクーラーボックス。使わないときは折り畳めるソフトタイプもありますが、保冷力を考えるとハードタイプがベストです。さらに数日間キャンプを楽しむならできれば2つ欲しいところ。そうなるとLクラスミニバンの積載力がより生きてきます。

◆キッチンをゴージャスにする

▲アウトドアグッズは携帯性に優れた設計になっていますが、オートキャンプ前提のものは比較的大きめ。とくにキッチンツールは数も必要なのでかさばりがち

アウトドアでの楽しみが料理だという人は多いでしょう。キャンプサイトを見渡すと、広いキッチンを作って様々な料理を楽しんでいる人の多くはLクラスミニバンに乗っている印象です。

2バーナー、バーベキューグリル、キッチン台などは案外大きいもの。そこにテーブル、椅子、食器、調味料などをしまうコンテナや道具を並べるラック、ダッジオーブンに燻製器……。料理にこだわればこだわるほど、道具がどんどん増えていくからです。

◆真冬もキャンプを楽しむ

▲真冬のキャンプで最も大切なのは防寒。ストーブを数台使ったり大きなシェルターの中にテントを建てて暖をとったりします。必然的に夏より荷物は多くなります

ビギナーがキャンプを楽しむのはゴールデンウイーク~秋の間。しかしベテランキャンパーは晩秋から真冬もキャンプを楽しんでいます。雪の上でのキャンプは夏とは一味違う楽しみがあるのだとか。

冬キャンプでは夏場とは違う装備が必要に。代表的なものがストーブ。小型のガスストーブもありますが、これだとストーブの前しか暖まらないので、大きな石油ストーブや薪ストーブが欲しくなるもの。

さらに冬場は衣類も厚手に。そしてせっかくだからリビングも快適になるよう装備が多めに。そうなるとアルファードくらいの大きさが必要になるのです。

キャンプのたびに新たに欲しい道具が出てくるもの

さて、Lクラスミニバンといえばトヨタ アルファード、ヴェルファイア、日産 エルグランドが代表モデルですね。

アルファード・ヴェルファイアの場合、現行型だとまだ予算400万円は見ておきたいですが、2代目アルファード、初代ヴェルファイアなら200万円以下の中古車も見つけやすくなってきました。予算が限られている方は、古いモデルも要チェック。

▲Lクラスの定番といったらアルファード。現行型はまだ高いですが、2代目や初代は狙いやすくなっていますよ

一方、エルグランドは現行型でもデビューから6年経っており、200万円以下の中古車が豊富です。前期型と後期型でエクステリアのデザインに違いがあるので、その点の比較はお忘れなく。

▲現行型エルグランドはFFになり、車高を抑えた設計になっています。Lクラスならではの迫力は十分ありますが、大きさにこだわるなら2代目も狙い目

道具を揃える前にLクラスミニバンを手に入れると、最初は荷室がスカスカかもしれません。でもキャンプに行くたびに「次はこのスペースに積む○○を手に入れよう」と考える楽しみも生まれるはずですよ。

【関連リンク】

トヨタ アルファード(現行型)の中古車を探す トヨタ アルファード(2代目)の中古車を探す トヨタ ヴェルファイア(現行型)の中古車を探す トヨタ ヴェルファイア(初代)の中古車を探す 日産 エルグランド(現行型)の中古車を探すtext/高橋 満(BRIDGE MAN)

photo/トヨタ、日産、PIXTA、高橋 満(BRIDGE MAN)

関連記事リンク(外部サイト)

トヨタ アルファード(現行型)の中古車を探す
トヨタ アルファード(2代目)の中古車を探す
トヨタ ヴェルファイア(現行型)の中古車を探す

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
日刊カーセンサーの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP