ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【目標金額の10倍超え】“膨らまさない”トラベルピロー「NodPod」は、既存のネックピローを超える快適さ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

お盆時期に旅行に行った方、秋の行楽のシーズンに遠出しようと思っている方も多いのでは?

車中や飛行機内などで移動中、ちょっと仮眠をとろうと思ったとき、首が据わらなくて居心地が悪かった経験はないだろうか。

ネックピローのようなツールもあるが、狭い空間でわざわざ膨らませなくてはならないし、かさばるため、周囲に迷惑をかけることもある。

そんなときにオススメなのが、「NodPod」という枕とブランケットがセットになった、旅行中の仮眠サポートツールだ。

・ハンモックのようにして頭を吊るす

枕のほうは、ハンモックのように吊るすタイプのトラベルピローで、コードを調節して、ベッドで寝ているときと同じように90度の角度で頭や首を固定し、首が前後左右に振れたりしないように安定させる。

内部には形状記憶フォームが使われており、ソフトで快適なつけ心地を実現。外側は、水を忌避する性質をもつポリウレタン(PU)コーティング素材で覆われているため、睡眠中よだれをたらしてしまった場合にも内部に染み込まず、簡単にふき取ることができる。

・安全面にも配慮

枕を使わないときは、マジックテープ仕様になっている内ポケットにコードを収納しておける。

このコードは、急激な圧力や衝撃を受けると、自動的に抜けるようになっており、安全面にも配慮されている。

膨らませて使うネックピローと違ってかさばらないため、車中で後ろや周囲の人の視線をさえぎって、テレビが見えない……なんていうトラブルも回避できそうだ。

・耐水性、耐風性のブランケット

ブランケットのほうは後ろ開きタイプになっていて、洋服を着るようなイメージで着用する。非常に薄いPU素材製で、すきま風や湿度をカット。つま先まで覆われるくらい長さがあるので、体が冷えることはなさそう。フードも付いているので、顔周りが冷えるときにはありがたい。

前側に収納用ポケットが設置されており、スマートフォンやタブレット、貴重品を入れておけば、盗難防止にもなりそうだ。

使わないときは折りたたんで、専用の袋に入れてコンパクトに収納しておける。

・目標金額の10倍超え

年齢、性別問わずに誰でも使える「NodPod」は、現在クラウドファンディングサイトKickstarterで出資を募集中で、目標金額2万ドルの10倍超えの資金を集める人気ぶりだ。旅のお供におひとついかが?

NodPod

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP