ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

還暦がイヤな大竹しのぶ「ハードなことをやっておきたい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 その圧倒的な演技力と存在感で、演出家や監督からのラブコールが絶えない女優・大竹しのぶさん(59才)。8月27日公開の映画『後妻業の女』でも、脚本も書いた鶴橋康夫監督が原作を読んで、真っ先に大竹しのぶさんを思い浮かべたという。

 原作となった『後妻業』は、高齢者の資産を狙った犯罪を題材にした黒川博行さんの小説。主人公の小夜子は、結婚相談所で効率的に相手を見つけ、次々に殺して遺産を自分のものにしていく。

 作品には、高齢化社会ニッポンの縮図が描かれている。たとえば夫役の1人、津川雅彦さんと小夜子が公園で座っているシーン。小夜子に冷たくあしらわれながらも、彼はそれでも小夜子と一緒にいたいのだ。

「小夜子は、早く死んでくれないかなぁなんて思っているのにね(笑い)。でも、もしかしたら、本当の夫婦でさえ、そんな感じのところがあるのかもしれない。経済的な理由で、離婚したいけどできないという妻は多いでしょうし。夫婦でご覧になったら、旦那さんがちょっと優しくなるかもしれませんよ(笑い)。

 かつては大家族で、おじいちゃんやおばあちゃんの面倒を家族みんなでみていました。でも、今は、特に核家族化が進んだ都会では、それはなかなか望めない状況。私の妹は公務員で、一人暮らしの老人を施設に入れるお世話をしているので、孤独で苦しむ人たちの話もよく耳にします。65才以上の人が日本人の26%を占めるという社会の中で、みんなどうやって生きていくのだろう。幸せに死んでいくお年寄りって、いったいどのくらいいるのかと思うと、不安になりますよね」(大竹さん、以下「」内同)

 自身は、現在、息子や娘とともに94才になる母の江すてるさんとの4人暮らし。2年前、骨折した母を家族で必死に支えた日々を、新聞連載のエッセイに綴っていた。

「母は回復して、今はひとりでトイレにも行けるし、認知症が進まないように、新聞を音読しています。でも、自分でお料理を作ったりはできないので、見守りは必要ですね。足がちょっと弱っているので、ひとりでいて転んだら大変。ヘルパーさんにも来てもらっていますが、子どもたちがいるので助かっています」

 そんな大竹さんも、この夏で59才になった。が、1年後の還暦には激しく抵抗する。

「60才、嫌ですよ。還暦なんて、なりたくない! 勤め人なら定年の年なわけで、自分がそういう年齢に達したことが結構ショックですね。このまま老いていくのだろうかという不安もあるし、中身がまだそこまで追いついていない感じもある。老後という言葉にはまだまだ実感が伴いませんね。階段はタッタタタと上れるし、舞台で走り回るのも今まで通りで、台詞を覚えるのも全然大丈夫。年齢を意識しないで生きてきたので、これからもそうしていくつもりです。体が動くうちに、本気で肉体的にハードなことをやっておこうとは思いますが」

取材・文/島崎今日子

※女性セブン2016年9月8日号

【関連記事】
よしもとばなな最新作は死と生の意味をかみしめる優しい物語
京都夫毒殺事件の容疑者の手口の酷似の直木賞作家の小説存在
大竹しのぶが失敗談や芸能人らとの思い出を綴った初のエッセイ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。