ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『千日の瑠璃』40日目——私は絵葉書だ。(丸山健二小説連載)

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 

私は絵葉書だ。

みやげ物店で販売されている、うたかた湖を中心にした写真入りの、不人気な絵葉書だ。よそ者の眼に映じた私の評価はよく知らないが、しかし地元でのそれは実に酷いものだった。写真なのに実景よりも美しく見えないのはどういうわけだ、と言う者が何人もいた。「これではそのへんの溜池とちっとも変らんじゃないか」と言ったのは、町長だった。

私を誉めてくれるのは、少年世一の家族くらいだろう。それというのも、かれらの家が丘ごと真正面にでんと据えられ、おまけに湖面にもくっきりと映っていたからだ。四季折り折りの光がぼろ家を邸宅に変えてしまっていた。そこには逸楽の日々すら感じられたのだ。まだ誰も気づいていなかったが、丘の道をてくてく歩いて行く、今よりいくらか幼い世一の後ろ姿も微かに写っていた。どこか飛んでいる鳥の姿に似ているのは、たぶんオーバーの裾が風に翻っているせいだろう。

また、松林の向うの街道に面したバス停では、生活のために出郷する姉と、彼女を見送る妹が別れを惜しんで相擁して泣く姿が、小さく写っていた。花で彩られた食卓を囲む新婚夫婦や、川遊びに時を過す老女や、湖畔の宿、《三光鳥》に投宿している客も写っていた。そして私は、どこか春情をそそる地形としてまほろ町を捉え、ゆくゆくは国家主義に吸収されるに違いないマイホーム主義を、見る者が見ればわかるように写し出していた。
(11・9・水)

丸山健二×ガジェット通信

カテゴリー : エンタメ タグ :
丸山健二の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://marukuen.getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。