ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エマ・ストーン、映画『La La Land(原題)』の素敵なティザー・トレイラーで哀愁の調べを歌う

DATE:
  • ガジェット通信を≫

デイミアン・チャゼル監督が彼の最新作映画『La La Land(原題)』で再びジャズ色の映画体験をプロデュースしている。

8月23日火曜日(現地時間)に公開された新たなトレーラーでは、エマ・ストーンの役が映画の中で6つのオリジナル曲のうちの1つ『オーディション』という哀愁の調べを歌っている。この映画はストーンとライアン・ゴズリングの再会を印象的に際立たせる。最初に2人が一緒に登場したのは2011年のロマンチック・コメディ映画『ラブ・アゲイン』で、2013年の犯罪スリラー映画『L.A ギャング ストーリー』でも再び共演した。

ロサンゼルスを映画の背景とする『La La Land(原題)』では、女優志望のミア(ストーン)と売れないジャズピアニストのセバスチャン(ゴズリング)が中心となる。2人の関係は彼らのキャリアが花開くにつれて悪化していく。

『La La Land(原題)』には、チャゼル監督と彼の高評価を受けた映画『セッション』で共に働いたJ・K・シモンズも出演する。『セッション』は第87回アカデミー賞で、シモンズの助演男優賞を含む3部門の受賞となった。

このミュージカル作品は、今年のヴェネツィア国際映画祭でのオープニングナイト映画として同作のワールドプレミアが行われる。映画祭に向けたメッセージの中で、アルベルト・バーベラ芸術監督は『La La Land(原題)』について、「単にミュージカルジャンルの新作というべきものではなく、(ミュージカルジャンルに)新たなスタートを与える作品」と評した。国際映画祭は8月31日から9月10日(現地時間)まで行われる。

『La La Land(原題)』は12月2日(米時間)に限定で劇場公開し、12月16日(米時間)に全米に拡大する。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP