体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

イルカと一緒に泳いで写真を撮ってきた。海でも使えるタフネススマホ「TORQUE G02」で!

2016年8月7日、静岡県伊東市の「ドルフィンファンタジー伊東」にて「au×TORQUEオーナーズイベント Vol.2」と題したイベントが開催された。

このイベントは、auを長く愛用しているTORQUEユーザーのためのファンイベント。7月6日、東京・代官山で行われた第一弾では、京セラの開発担当者によるプレゼンテーションや開発裏話が披露されたほか、開発担当者とユーザーとの交流の場が設けられるなど、大いに盛り上がりを見せた。

第二弾となる今回の参加者は、第一弾と同様、auを長く愛用しているTORQUEユーザー。40名の募集に対して、なんと倍率約20倍超となる1,000件以上の応募があったという。

今回のイベントの目玉は、イルカといっしょに泳ぐ、いわゆるドルフィンスイムを体験しながら、TORQUE G02を使ってその模様を撮影するというもの。

auの京セラ製スマートフォン「TORQUE G02」は、防水、防塵、耐衝撃(※1)、耐振動、そして世界初の耐海水など数々のタフネスを備えているが、今回のイベントではその中の “耐海水(※2)”にフィーチャーし、TORQUE G02を持って海に潜り、イルカと一緒に泳いでその様子を写真に収めようというわけだ。

auの京セラ製スマートフォン「TORQUE G02」。世界初(※3)となる耐海水に対応し、海の中でも使える

しかも、TORQUE G02は耐海水に対応しているだけでなく、水の中に入ると自動で切り替わり、水中で変化する色味やゆがみを自動で最適化する「水中モード」を搭載している。

イルカと一緒に泳いで、海の中で写真を撮る。そんな今回のイベントは、TORQUE G02の耐海水性能を発揮するにはこの上ない機会といっていいだろう。

今回の会場となった静岡県伊東市の自然体験施設「ドルフィンファンタジー」。いきなりイルカが飛び跳ねてお出迎え!

いざ、イルカたちのいる海へ!

今回は特別にT&S取材班もドルフィンスイムを体験させてもらうことに。ウェットスーツを着用し、シュノーケリングの用意を整え、イベント参加者たちと共に、イルカたちのいる遊泳スペースへ向かう。

今回のイベントのために用意されたTORQUE G02は約30台。初代G01ユーザーはもちろん、G02ユーザーも、アップデートされたばかりの最新OSが体験できるように準備された 遊泳スペースではイルカたちが優雅に泳ぎまわっている ドルフィンスイム体験は10人前後が1組になり、合計3回に分けて行われた。写真中央でTORQUE G02をこちらに向けているのが、今回ドルフィンスイムを体験するカメラマン稲田と、T&S編集担当の榎本
1 2 3次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。