ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Facebook元幹部が関わった「Alively」は親しい人にだけ動画をシェア!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

自分の“今”を動画で発信する手段は増えている。ビデオ共有サービス大御所のYouTubeをはじめ、最近ではFacebookやTwitterもこの分野に参戦している。

ただ、それらのように不特定多数に公開するのではなく、家族や親しい友人とだけ日常を共有することを目的とした新サービスが米国で始まった。

Facebookのライブ動画配信サービス「Live」の前プロダクトマネージャー、Vadim Lavrusik氏が手がけたことでも注目を集める「Alively」だ。

・プライベート共有の専門

Alivelyはスマホでの利用に特化していて、高品質のビデオをごく親しい人だけと共有するためのもの。

シェアする相手は、その度に選択できる。つまり、他のSNSのように不特定多数、あるいはフォロワー全員に公開するのに比べ、かなりプライベートな使い方となる。

・データはクラウド保存

また、ビデオはユーザーの端末ではなくAlivelyのクラウドに保存されるので、容量を圧迫することはない。

そして、撮影の長さに制限はなく、しかも好きなだけ利用できると太っ腹だ。

・非アプリユーザーとも共有可能

ビデオはアプリユーザー以外の人とも共有可能。その場合は、SMSでビデオキャプションとともにリンクが送られ、受け取った人はそのリンクからモバイル端末で閲覧できる仕組み。

しかもメッセージアプリ内で再生されるビデオはオリジナルと同様のクォリティとなる。

Alivelyはこのほど米国のApp Storeで公開されたばかり。利用エリアは順次拡大するとのことで、日本上陸もそう遠くはないかもしれない。

Alively

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP