ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CEDEC参加者向けの調査ではVR開発者の平均年収がトップに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会 (CESA) は、主催するゲーム開発者会議「CEDEC 2016」にて、「ゲーム開発者の生活と仕事に関するアンケート調査 2016」の速報データを公開しました。本アンケート内には、VRに関するデータも収録されています。

4回目となる今回の調査では、有効回答数が2015年の10倍近いものとなっています。アンケートの速報によると、有効回答数は1978名(うちCEDEC参加者1896名)です。なお、昨年開催されたCEDEC2015へは6,373名が来場しているため、今年も同程度の参加者がいると考えると約3割近い参加者が回答を行っているようです。

VR・ウェアラブル端末の開発に現在従事している開発者は1978名のうち286名で、アンケートに回答した全体の14.5%となっています。2015年に行われた同アンケートでは、回答項目名が「ウェアラブル・スマート端末」となっているため厳密な比較はできませんが、有効回答者数207名のうち1.9%が現在開発に従事していると回答していました。

特徴的なデータは、2015年におけるプラットフォーム別平均年収に関するものです。VR・ウェアラブル端末の開発者の平均年収は約603万円と、全プラットフォームの中で最も高いものとなっています。

なお、このデータはあくまでもCEDEC参加者の回答に基づくものであり、「元々、年収の高い層がVR開発に関与している」のか「VR開発に関与しているから年収が高い」のかは判断がつかないことにご留意ください。

今回、2016年8月24日(水)から26日(金)にかけて行われているCEDEC 2016では、VRに関係するセッション、デバイスやソリューションの展示、デモンストレーションを特集した「VR Now!」も実施されています。

(参考)
http://cedec.cesa.or.jp/2016/outline/enquete.html

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP