ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『千日の瑠璃』33日目——私は茶柱だ。(丸山健二小説連載)

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 

私は茶柱だ。

普通ならまず見落としてしまうほど小さな、あしたへ希望をつなぐことなどとてもできない、茶柱だ。私に気づいた世一の母は、まるで宝くじにでも当たったみたいに有頂天になり、家の者に見せた。そして、「そろそろ何かいいことがあっても罰は当たらないわよねえ」と言った。すると世一の姉は、「いいことなんであるわけないでしょ」と吐き棄てるように言い、身支度を始めた。

世一は台所でオオルリに与える餌を練っていた。「これまでだってそうわるいことなんかなかったよ」と世一の父は地方紙の三面記事を読みながら言った。姉は「本気でそう思ってんの」 と言い、「ばっかじゃない」 と言って、自分で詰めた弁当を持って勤めに出て行った。「父さんはおめでたいのよ」と母が言った。丘を駆け上がってくる寒風が、丘を下って行く姉の足音をかき消した。「迷信なんかいちいち気にしていたら生きてゆけんよ」と父は言い、「さて、ぼちぼち出掛けるとするか」 と言って便所へ入った。私に関した話は、そこまでで打ち切りとなった。

母は残ったお茶を私といっしょに飲み干した。私は、粗末な朝食や悲哀のかけらや儚い望みが詰まった胃袋のなかでも、かなり無理をして垂直に立っていた。ほどなく世一がヤカンをひっくり返してしまい、熱湯を指の先にほんの少し浴びただけで、大音声を張りあげた。その拍子に私は横倒しになった。
(11・2・水)

丸山健二×ガジェット通信

カテゴリー : エンタメ タグ :
丸山健二の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://marukuen.getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。