ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャンクでオーガニックで冷スイーツ!? 甘党男子の避暑ショップが原宿に登場!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

疲れているとき、異常に甘いものが食べたくなるのは自然の摂理。特にこの時期は蒸し暑さに堪えかねてアイスを箱買いして毎日のように食べています。でも、そもそもアイスって体にいいというワケではないだろうし、さすがにもういい歳だし、健康や美容にも気を使いたい……。

そんな筆者にピッタリのお店がオープンしたと聞きました。なんでもコンセプトは「ジャンク×オーガニック」なんだとか。ジャンクとオーガニックって真逆ですし、混ぜるな危険! って感じもしますが、いったいどういうことなんでしょうか。実際にお店へ足を運んでみました。

原宿駅から竹下通りを突き当たって、横断歩道を渡って北にしばらく行くと、見えてきたのが「BROWN SUGAR 1ST.」。ココナッツオイルブームの立役者となったオーガニックブランド「BROWN SUGAR 1ST.」初の路面店です。

迎えてくださったのは広報の松浦裕香里さん。さっそくですが、「ジャンク×オーガニック」ってどういうことなんですか?

「代表の荻野から出てきたコンセプトなんですけど、私たちも最初、あまりにも価値観がかけ離れている2つのワードに戸惑いました(笑)。でも、『オーガニック』ってなんとなく見た目がナチュラルな色味だったり、甘さがなんとなく物足りなかったり、ヘルシーさを優先させているような感じじゃないですか。それが『ジャンク』っていう相反する概念とかけあわせることで、『オーガニックだけど見た目もワクワクするような、しかもちゃんとおいしい』っていう新しいオーガニックの価値観を作れたらと思っているんです」

なるほどー。「ジャンク」ってすごく甘い誘惑というか、ときどき無性に体がジャンクなものを欲するときがあるんですよね。ジャンクなのにオーガニックでヘルシーって、めっちゃ「いいとこ取り」じゃないですか!

「ありがとうございます(笑)。商品開発のときから本当に味にこだわって、ビーガン(乳製品・卵不使用)スイーツレシピをギリギリまで追究しましたよ。ぜひ食べてみてください!」

じゃあさっそく!

うーん……どうしようかな……なんかドリンクもおいしそうだしアイスも食べたいし……。

「添加物も動物性食品も、そして大豆も一切使っていませんし、アイスはココナッツミルクをベースにGI値の低い有機アガベシロップやココナッツシュガーを使っているので、濃厚なのに甘さがしつこくなく、サラッと食べられますよ。あとこのスーパーベリーソーダには抗酸化作用があると言われているワイルドクラフトで育ったシーバックソーンとクランベリージュースが入っているので、美容にもオススメです」

よし。んじゃスーパーベリーソーダとコーディアルソーダとアイスクリームのスモールダブルをお願いしますっ!(よくばりすぎ)

▲原宿だからなのか、スタッフのみなさんも超かわいい……!

▲店頭では有機エキストラバージンココナッツオイルをはじめ、有機ココナッツシュガーや有機アガベシロップといったオーガニック食材も販売されています

はいっ! これが「スーパーベリーソーダ ワイルドクランベリー」(724円)(左)と「コーディアルソーダ ローズマリージンジャーエール」(486円)(右)。グラデーションがキレイ! これはリア充感ありますね……(ゴクリ)。

「スーパーベリーソーダ ワイルドクランベリー」はクランベリーの甘酸っぱさとココナッツネクターの深みのある甘さが絶妙なバランス。ココナッツネクターというのはココナッツの樹液を煮詰めたシロップのようなものだそうで、どことなく黒蜜っぽい香りがします。おいしいのはもちろんなのですが、なんか体によさそうな気がする……!

「コーディアルソーダ ローズマリージンジャーエール」は筆者好みのしっかりショウガ味! ノドに炭酸とショウガの刺激がピリっとする感じがたまりません。甘さは控えめなのですが、想像以上にローズマリーとライムがアクセントになって、爽やかな余韻があります。

そしてこれが「アイスクリーム スモールダブル」(540円)。フォトジェニックか! 店頭には6種類のフレーバーがあったのですが、悩みに悩んで「ワイルドレモン」と「チョコレート & ナッツ」を選びました。

まずはワイルドレモンからいただきます。上にかかっているのはクランベリーパウダー。こういうの、かわいくてズルい! そしてほんとにすごく濃厚! しかもレモンピールのほろ苦さがきいていて大人の味ですね。いわゆる一般的に想像するような「レモンシャーベット」とはまったく違っていて、単純な酸味はむしろ控えめで、よりレモンの香りが立っている感じです。しかしココナッツミルクがベースなのに、そんなに甘ったるい感じはしませんね。

「ココナッツミルク独特の香りが苦手な方もいらっしゃるので、極力独特の風味は抑えめに作ってあるんです。ほら、ココナッツだとなんでも『トロピカル』な感じになるじゃないですか(笑)。そうではなく、より上品な甘さやコク、濃厚な味わいを楽しんでいただけると思います」

いや、正直「いまだかつてこんなアイスは食べたことない」って感じなのですが、逆になんでこういうのが今までなかったんだろうって不思議なくらいですし、溶けてしまうのが惜しいくらいいつまでもゆっくり味わっていたいです。「チョコレート & ナッツ」にもアーモンド、カシューナッツ、クルミが「これでもか!」っていうくらいたっぷり入っていて、食べごたえ抜群! これはリアルに小腹が空いたときに食べたい!

そしてたったひとりでソーダもアイスも完食したんですけど、普段なら甘いものを食べまくった後、口の中がキシキシしたり、ベタっとした甘さがいつまでも口の中に残っていたりするじゃないですか。でも今回はそういうのが全然なくて、喉が渇く感じもなかったことにびっくりしました。オーガニックのポテンシャル、おそるべし……!

お店情報

BROWN SUGAR 1ST.

住所:東京都渋谷区神宮前3-28-8-1F

電話番号:03-3478-6130

営業時間:11:00〜19:00

定休日:不定休

※金額はすべて消費税込です。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:大矢幸世

転勤族の父親と夫を持ったがために、愛媛、群馬、東京、京都、福岡、鹿児島、福井を渡り歩いた流浪系ライター。現在地は東京。地元はしいて言えば福岡。立命館大学卒業後、百貨店勤務、フリーペーパーの編集を経てフリーランスに。月刊誌や広報誌、WEBなど各媒体で執筆中。著書に『鹿児島カフェ散歩』(書肆侃侃房)。 Twitter:@saci_happiness

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

ピザよりヘルシーな“ピンサ”が密かに流行中。原宿「ピンサ・デ・ローマ」
コーヒーにおぼれる綿菓子、ってなんじゃそりゃ!? 台湾発の人気カフェが日本上陸!

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP