体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

狭くても快適に[1] 秘訣は「あえて収納家具を置かない」こと

狭くても快適に[1] 秘訣は「あえて収納家具を置かない」こと

商社でフルタイムで働くAさんは37歳のワーキングマザー。45歳の夫、3歳と1歳の男児との4人暮らしです。昨年秋、40m2の1LDKから、60m2の2LDK(LDK14畳、和室6畳、洋室5畳)の分譲賃貸マンションへ引越してきました。そんなAさんに、小さな家での快適な暮らしについて伺います。【連載】狭くても快適に

「家が狭い=理想の暮らしはできない」。そう考えるのが一般的かもしれません。けれどもここで紹介する人たちは、数多くの選択肢のなかから、あえてコンパクトな住まいを選択し、狭くても快適に暮らしています。家族3人+愛犬1匹の4人家族で59m2という狭小スペースに暮らすライフオーガナイザー、さいとうきいが、そのヒミツに迫ります!

収納スペースよりも、子どもが自由に遊ぶスペースを優先

東京郊外に住むAさんは4人家族。結婚してから昨年秋までの8年間、約40m2の1LDKにお住まいだったそう。第2子の誕生を機に引越しを考えていたところ、タイミングよく好条件の部屋と出合いました。それが現在のお住まいです。

“好条件”といっても、Aさん宅は60m2の2LDK。国土交通省によると、都市圏に暮らす4人家族の理想的な居住面積は約95m2。子どもが小さいことを考慮しても、決して広いとは言えません。

ところが、「これまで暮らしていた家もコンパクトだったせいか、今の家もとくに狭いとは感じていないんですよ」というAさん。たしかに、Aさん宅はどの部屋もすっきりと片付いていて、狭さを感じさせない開放感があります。【画像1】玄関から続く廊下の突き当たりにあるLDK。角部屋、ワイドスパンで窓が多く、天井高にもゆとりがあるため、約14畳という実際の広さよりもゆったりと感じられます(写真撮影/片山貴博)

【画像1】玄関から続く廊下の突き当たりにあるLDK。角部屋、ワイドスパンで窓が多く、天井高にもゆとりがあるため、約14畳という実際の広さよりもゆったりと感じられます(写真撮影/片山貴博)

「4人家族になってものが増えた分、もっと収納スペースがほしいという気持ちもありました。でも、引越しの一番の目的は、子どもたちが自由に遊ぶスペースを確保することだったんです。家選びの際、とくに重視したのは『リビングの広さ』でした」

そんなAさん宅のLDKは約14畳。角部屋でワイドスパンのリビング・ダイニングは窓が多いため、日中は明るく、風通しもバツグンです。大きな収納家具を置いていないことも、開放感アップの一因のよう。

けれども、小さい子どもたちがいると、リビングにおもちゃや衣類など細々したものが集まりがち。そういったものはどのように管理しているのでしょうか?

「よく使うおもちゃやよく読む絵本は、テレビ台の下にざっくりと収納しています。子どもたちは普段、その手前のスペースで遊ぶことが多いので、出すのも戻すのもカンタンにできるようです」【画像2】フローリングの傷つきや階下への騒音を防ぐために敷いているクッションフロアラグには、子どもが遊ぶスペースをやんわりと区切る効果も。広範囲にものが散らかるのを防げます(写真撮影/片山貴博)

【画像2】フローリングの傷つきや階下への騒音を防ぐために敷いているクッションフロアラグには、子どもが遊ぶスペースをやんわりと区切る効果も。広範囲にものが散らかるのを防げます(写真撮影/片山貴博)

「子どもの衣類は、引越し前から使っているソファの下にカゴを並べて収納しています。ちょっと大きめで脚の長いソファなので、意外とたくさんのものを隠しておけるんですよ(笑)」と話すAさん。【画像3】ソファの下には子どもの衣類のほか、お掃除ロボットの充電ステーションや筋トレ器具などが収まっています。ソファの背後には、ブランケットをまとめたカゴやサーキュレーターも(写真撮影/片山貴博)
1 2 3 4次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。