ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

北欧の「ロッピス」文化を継承したマーケット、代官山と米子で開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

北欧では、田舎道を車で走っていると、通り沿いに手作り感いっばいの「LOPPIS」とだけ書かれた看板を目にすることがあり、これが個人的に開催しているロッピスのよくある形なのだそうです。

2016年8月26日(金)から29日(月)までの4日間、東京・代官山の「greeniche 代官山」と鳥取県米子市の「greeniche 米子」にて、「Loppis market in greeniche」が開催されます。

greeniche(グリニッチ)で毎年恒例となっている蔵出し市が、今年から名前をリニューアルして開催されます。「Loppis(ロッピス)」とは、北欧のフリーマーケットや蚤の市という意味。スウェーデンの田舎道の個人宅で開かれているロッピスの雰囲気を味わえるよう、店内のレイアウトも変更されて開催されます。

店頭に並ぶのは、家具、キッチン道具、インテリア小物、ファブリックなど、北欧で買い付けた品々。前の持ち主から受け継がれた素朴で温かみ溢れる日用品から人気のヴィンテージ商品まで、そのバラエティーはさまざまで、思わぬ掘り出し物に巡り会えるかもしれません。

大切に受け継ぐ北欧の文化を感じに、店頭へ足をお運びください。

Loppis market in greeniche

会期:2016年8月26日(金)~29日(月) 11:00~19:00

会場:greeniche 代官山

greeniche 米子

入場料:無料

Writing:Akiko Okawa

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

アイノ・アールトの生涯と素顔とは?夫・アルヴァ・アールトと歩んだ25年に迫る
フランス発の”理想の手帳”が日本初上陸! 紙の専門ブランド「THIBIERGE PARIS」が開発
「いい顔」の植物+器100点以上が集まります「叢ー器を纏うー」展

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP