体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NO MORE テカリ! ヘアメイクさん推薦・夏の最強パウダー5選

f:id:ponparemall:20160725134435j:plain

夏のメイクの悩みに多い「お顔のテカリ」。汗をかくと、どうしてもメイクが崩れてテカってきちゃいますよね。朝しっかりメイクしたはずなのに、電車に乗って会社に着くころにはもうテカってる…なんてことも珍しくありません(涙)。

「メイクが崩れやすい夏は、ファンデーションがよれやすい目の周り、テカリやすいTゾーン、鼻のまわりを中心にパウダーでおさえるといいですよ」とは、ヘア&メイクアップアーティストの神戸春美さん。顔のテカリ対策に、パウダーの上手なつけ方と、夏に最適なおすすめパウダーを教えていただきました。

かえって“汚肌”に見えちゃう…!? パウダーの厚塗りはNG!

テカリをカバーしたい一心で、つい多めにはたいてしまいがちなパウダー。でも、それは逆効果なので注意が必要だそう。

「パウダーをつけすぎると、メイクが崩れた時に汚く見えたり、ファンデーションのよれなどが目立ちやすくなるんです。なるべく薄めを心がけ、素肌っぽく見えるようにおいていくと、夏場でもキレイな肌をキープできます」(神戸さん、以下同)

なるほど。薄づきに仕上げるコツはあるんでしょうか?

「大きいブラシでふわっと肌にのせたり、手のひらくらいの大きめのパフを使って軽くはたくと良いですよ。ただし、顔につける前に、手の甲で余分なパウダーをオフすることも忘れずに」

しかし、パウダーといっても数多くあり、どれがテカリ防止に最適なのかわからない…。しっかりカバーしてくれるものを選ぶポイントは?

「なるべくパウダーの粒子が細かいものを選ぶと、素肌に近い仕上がりになります。また、もともとテカリやすい肌質の人は、マットなパウダーを使うとテカリにくくなるかと思います。逆にパールが入っているタイプはよりテカって見えやすいので、避けたほうが無難です」

では、神戸さん厳選・夏に使えるおすすめのテカリ防止パウダーをご紹介!

粒子が細かいパウダーで、素肌のように仕上げる!

メイクアップフォーエバー 「HDハイディフィニションパウダー」

f:id:ponparemall:20160725134431j:plain

「粒子がすごく細かいのでまったく粉っぽい感じがせず、素肌のままみたいにのるんです。ナチュラルな肌を保ちながら、テカリを抑えるのはもちろん、ファンデーションのなじみを整えて、マットな感じに仕上がります」

テレビや映画などのハイビジョン撮影にも対応するために、特別に作られたものなのだとか。肌にキレイに密着するのも納得!

HDハイディフィニションパウダー/4,400円(税抜)

画像提供:メイクアップフォーエバー

クールな使用感のパウダーで、顔のほてり対策にも

クリニーク「イーブン ベター ブライトニング ルース パウダー C」

f:id:ponparemall:20160801123049j:plain

「ひんやりクールな使用感で、キュッと毛穴が引きしまったかのような感覚に。ほてりやすい人や熱い夏場でも気持ちよくメイクできますし、崩れ対策にもなります」

ブラシでさっとのせるだけで肌がトーンアップし、小じわの目立たないなめらかな肌を作り上げてくれるスグレモノ。

イーブン ベター ブライトニング ルース パウダー C/6,000円(税抜)

画像提供:クリニーク

長時間たっても、ナチュラル肌が続く!

リンメル「CC パウダー エアリーフィニッシュ プレストハイカバー」

1 2次のページ
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。