ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏のパンパンむくみ顔を改善するには、毎日の◯◯!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


夏の頑固なむくみに悩まされている場合は、生活習慣を整える必要があります。今回は、むくみを予防・改善する3つの生活のコツをご紹介します。

毎日の「温かい食事」

こう暑さが続くと、アイスやジュース、冷製料理にばかり手が伸びてしまいますよね。冷たいものばかり食べていると、内臓が冷え、はたらきが減退。血行も悪くなるため、老廃物の蓄積やむくみを招きます。

ホットドリンクやスープ、温かい主菜など、食事に“温かいもの”を取り入れることが大切。内臓を冷やしすぎないように注意しましょう。

毎日の「運動」

外に出かけるのが億劫な季節ですが、体液は身体を動かすことでめぐります。血液やリンパ液の流れが滞れば、老廃物が排出されずに溜まる一方。さらに、水分が停滞して頑固なむくみを引き起こします。

建物内の階段を上り下りしたり、寝る前にストレッチしたりするのも効果的。大きく身体全体を動かす時間を作って、体内にある水分のめぐりを促進しましょう。

毎日の「マッサージ」

マッサージには、血行を促進してむくみを予防・改善する効果が期待できます。おすすめは、朝行うこと。朝のうちにめぐりを良くしておくことで、体内のはたらきが活発になり、代謝も良くなります。

朝の洗顔の際に、洗顔フォームをつけた状態でマッサージをおこなえば、マッサージ用オイルなども不要。顔を洗うついでに、中心から外側へ向かって圧をかけながらマッサージしましょう。おでこの中心から耳上へ、鼻のきわから耳横へ、顎の中心から耳下へ、というふうに、圧をかけながら手を動かします。


体内を温め、水分のめぐりを良くする工夫を取り入れることで、夏の頑固なむくみも予防・改善しやすくなります。今すぐできることから順番に取り入れ、むくみ知らずを目指してくださいね。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

まぶたのたるみは「首の歪み」が原因だった?「パッチリ目」を手に入れる歪みケア法
布ナプキンは生理の時だけじゃない?普段使いで子宮あったか、女性のお悩み解消♡
パサついた夏のダメージヘア対策!美髪に導くヘアケア方法3つ
食事で代謝アップ!夏の美肌&美ボディを実現する食べ物3選
彼が冷めてしまうかも・・・。あなたが「重い女」と言われてしまう4つの理由

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP