ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「心のクセ」から不眠を改善する方法

  • ガジェット通信を≫


不眠の原因となっている「悪いクセ」にアプローチすることで、不眠症の改善を目指す「認知行動療法」。しかし、精神的なことが原因で不眠を招いていることも多く、それらは「クセ」という目に見える形では表れません。

そこで、不眠症改善のために、認知行動療法ではどのように精神面へアプローチをするのか、臨床心理士で早稲田大学人間科学学術院助教の岡島義先生に話を伺いました。

不眠症によって誰にでも起こる精神的な変化

まず、不眠症に悩む人の性格的な特徴として、「物事に敏感な人」「真面目な人」が多いということが挙げられます。

「普通に接していると、不眠症の人とそうでない人で性格的な違いは特に感じません。しかし、何か病気になった場合、色々と症状について考え、不安になってしまいますよね。不眠症になりやすい人は、その度合いが少し強いだけなのです」(岡島先生)

性格が原因で不眠症になるわけではなく、不眠を感じた際に性格的にさまざまなことが気になってしまい、その不安によって症状が増幅し、不眠症となるケースが多いようです。では、不眠症を改善できれば、そうした不安も落ち着くのでしょうか?

「不眠症が改善されれば、細かいことが気になっていた人も、気持ちに余裕が生まれます。睡眠リズムが乱れていると日中のパフォーマンスに大きく影響し、イライラしたり集中できなかったりするものですが、そうした状態も良くなりますよ」(岡島先生)

認知行動療法で精神面にアプローチする方法とは

認知行動療法では、まず何が影響して不眠症を引き起こしているのかを把握することから治療が始まります。そのため、カウンセラーは患者さんの話を聞き、不眠の原因を整理していきますが、その際に精神面が原因だと分かれば、それを改善するための治療を行います。

「例えば、仕事の忙しさやストレスで不眠になってしまった人の場合、まずは仕事をそれ以上増やさないため、職場で新たな仕事を断るよう勧めます。しかし、なかなか断れない、うまく断る一言が言えない…という人もいますよね。その場合はうまい断り方についても一緒に考えたり、スムーズに断るためにカウンセラーと練習をすることもあるんです」(岡島先生)

認知行動療法は睡眠に直接関わる悪いクセだけを直すのではなく、不眠につながる全ての要因を改善していきます。不眠の原因は十人十色。精神面のケアを含めて一人ひとりに合った治療によって不眠を根本から改善することが最も重要です。

えっ、こんなところにも!? 不眠の意外な影響

不眠症は、不眠症単独で現れることもありますが、その他の精神・身体疾患とともに現れる場合もあります。しかも、元の症状をさらに悪化させることがあるというから厄介です。

例えば、うつやPTSD(心的外傷後ストレス障害)、がん、リウマチ、慢性頭痛、子どもの場合ならADHD(注意欠陥多動性障害)なども不眠を併発することがあるそう。

「例えば、うつで悩んでいる人は、自責感や失望感といったつらい気持ちについて訴えることが多い一方で、不眠については話題にしないことがよくあります。しかし、よくよく話を聞いてみると、実は良質な睡眠がとれていないということが多いのです。

他の疾患についても同様で、メインの症状の影に、睡眠の問題が隠れている場合があります。不眠の改善とともにメインの症状も回復していくことがあるため、カウンセラーは患者さんの話をしっかりと聞き、実態を見極めなくてはいけません」(岡島先生)

症状が眠れないことにより悪化するなら、逆もまた然り。良い睡眠をとることによって、PTSDによる悪夢が減ったり、がんによる疲労感が減ったり、リウマチの痛みが和らいだり…。睡眠の問題を改善していくことが、メインの症状改善にも役立ちそうです。睡眠がいかに重要なものなのか、あらためて実感させられます。

「認知行動療法のカウンセラーは、さまざまな形で患者さんの情報を集めていきます。時には、その患者さんが抱えている悩みが睡眠に関する問題ではないということもあるため、別の専門機関への受診を勧めることもあります。いかに情報を引き出して原因を突き止め、治療に前向きになってもらい、そして継続してもらうか…。そういったところが、カウンセラーの腕の見せどころですね」(岡島先生)

まだ、あまり広く利用されていない認知行動療法。即効性のある薬物治療とは異なりますが、じっくりと根本から不眠を改善できる可能性があります。長い間不眠に悩まされてきた人、薬物による治療にあまり効果を感じられない人などは、一度、認知行動療法のカウンセリングを試してみてはいかがでしょうか。

監修:岡島義(早稲田大学人間科学学術院助教)

関連記事リンク(外部サイト)

睡眠薬に頼らないで不眠症を改善する「認知行動療法」とは?
更年期の不眠対策に新提案! 薬いらずの改善策「認知行動療法+睡眠日記」
不眠症ってどんな症状?セルフチェックの判断基準

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP