ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃】能年玲奈の声優の破壊力すげぇええええええ(笑)! アニメ映画「この世界の片隅に」が良い意味でヤバイ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

のん(本名: 能年玲奈)が主演声優を務めるアニメーション映画「この世界の片隅に」が、公開前にもかかわらず、大きな反響を呼んでいる。ストーリーやアニメーション描写が素晴らしいのはもちろんながら、のんが主人公のお嫁にやってきた18歳女子の声を演じ、予告編動画を観た視聴者に衝撃を与えているのだ。

・アフレコは大きく分けて3パターン
日本はアニメ大国だ。それゆえ日本人の皆さんは数多くのアニメーション作品を見ていると思うが、日本のアニメーション映画(または吹き替え映画)のアフレコには、大きく分けて3パターンが存在する。たとえばそれは以下のとおり。

1. 声優による研ぎ澄まされたスムーズな「プロな声」
2. タレントによる良い意味での素人っぽい「ジブリ的な声」
3. タレントによるジブリ的な声にも達しない「誰も得しない棒読み声」

・さまざまな声パターン
プロの声優の声は、映画の世界にスーッと自然に引き込まれる「安定の安心感」がある。タレントによるアフレコも、ジブリ作品のように「素人の声の良さ」を生かせられている作品も多々ある。最近よくある「ゴリ押しでタレントにアフレコさせるパターン」は結果的に棒読みだったり、雰囲気をぶち壊すパターンになるため論外だ。

・良い意味で「素人300%の声」とでも表現すべきか
しかし、今回の「この世界の片隅に」で声優に抜擢されたのんは、そのどれにも当てはまらない。「ジブリ的な声」と言えなくもないが、その次元を遥かに超越。素人でも出せない「素人300%の声」とでも表現すべきだろうか。その声を聞いた瞬間「ええっ!?」という衝撃が走るとともに、聞けば聞くほど「えええええっ!?」と衝撃が連鎖して脳髄を刺激。この件について、アニメマニアに聞いてみた。

・アニメマニアのコメント
「ジブリ映画はただの素人(タレント)を使っているわけではないんですよ。「素人っぽさを出すのが上手な素人」を起用しているんです。だから素人っぽい声でも要所要所はしっかりおさえてアフレコに挑むので、心地よく聞こえて映画の完成度があがる。のんさんの場合、おそらく本人の天性でしょうが「演じずに演じている」んです。声優や他のタレントとセンスが根本的に違うのです。だからほら、声を聴いていると、主人公の北條すずと重なってのんさんの顔が見えませんか? そこに映っている絵はアニメキャラですが、その魂は北條すずでありのんなんですね。そういう点では、今までにない衝撃的な良作革命アニメといえますよ」

・「のんの声」という息吹
そもそも「この世界の片隅に」は人気漫画雑誌「漫画アクション」(双葉社)に掲載されていた漫画で、作者は奇才、こうの史代先生。出資を募ってアニメ映画化が実現した作品である。

原作自体が素晴らしいものではあるが、「のんの声」という息吹によって作品に深みと「唯一無二の個性」が強まったのは間違いない。「この世界の片隅に」は、2016年11月12日からテアトル新宿やテアトル梅田など、日本の多数の劇場で上映される予定である。

余談だが、のんは最近「公式ブログ」を開設し、自身の姿を多くのファンに届けている。

もっと詳しく読む: 能年玲奈の声優の破壊力すげぇええええええ(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2016/08/25/nonen-rena-movie-konosekai/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP