ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

宮川大輔さん&藤森慎吾さんインタビュー タートルズの4人をよしもと芸人に例えると?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

8月26日(金)より日本公開を迎えた映画『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>』。『トランスフォーマー』シリーズのマイケル・ベイが製作を手がけ、最先端技術を駆使したハイスピード・アクションとコミカルな掛け合いで世界中を魅了したタートルズの4人が再びスクリーンに帰って来ました。

今回は、日本語吹替え版のゲスト声優として本作に参加したお笑い芸人の宮川大輔さん(ロックステディ役)とオリエンタルラジオ・藤森慎吾さん(ビーバップ役)を直撃。予告編でも話題となった関西弁やチャラいセリフ回しについて話を聞いてきました!

――率直な感想として、あれほどまでに喋り手の顔が浮かぶ吹替えはかなり斬新でした(笑)。それがまた『タートルズ』の世界観にマッチしていた印象です。

宮川大輔さん(以下、宮川):僕は映画の吹替え自体が初めてで、しかも関西弁で大丈夫なんかなと思ってたんですけど、「普段の宮川さんの感じでお願いします」ってことだったんで、楽しくやらせてもらいましたね。

藤森慎吾さん(以下、藤森):字幕版で観た時はビーバップの声がすごく低くて、ワイルドな感じだったんですよね。それでも「藤森さんの甲高い声で」って言ってもらえたので、普段のノリを意識しました。

――『タートルズ』はもともとなじみがあった作品ですか?

宮川:昔からキャラクターが大好きで、海外行った時にフィギュアとか買ってましたよ。あと、タートルズ柄のシーツとかね。

藤森:シーツって(笑)。それはちょっと信じらんないですわ。シーツにそんな派手な柄あります? だいたい無地でしょ。

宮川:それは、お前の家やろ(笑)。柄もあるって。関西やからウチは柄もん多いねん。ちゃんとハワイで買うたわ。

藤森:しかもハワイですか(笑)。僕も小さい頃にアニメを観ていた世代で、作品に参加できてめちゃくちゃ嬉しかったですね。ビーバップもそうですけど、やはり僕のルーツにはミケランジェロがいて、あの軽さ、チャラさがどっか自分の中に染みついていたんだと思います。

――思い入れがある分、やはり不安もあったのでは?

宮川:海外の仕事行くときに飛行機の中で映画を観ることが多いんですけど、吹替え版で観ると印象ちゃうな、って思うことがたまにあるじゃないですか。それになりたないな、っていうプレッシャーはありましたね。ただ、僕らのシーンは物語がシリアスになりすぎないように調節する役割があるんで、慎吾と一緒にコミカルな掛け合いのシーンが多かったのは安心感がありました。

藤森:日本独自のというか、オリジナルにとらわれない雰囲気だったので、思いっきり楽しんでやらせてもらいました。でもロックステディの関西弁はビックリしましたね。先に大輔さんが声を当てていたんですけど、僕の時には大輔さんの声をオフにして収録しました(笑)。

宮川:それ言うたら、関西弁やりにくかったみたいな空気になるやん(笑)。ホンマにやめてぇ。せっかく先に録ったんやから、聞きながらやれよ。

――(笑)。では、お二人とも手ごたえは十分という感じでしょうか?

宮川:手ごたえは、ちょっと分からないですけど、観客のみなさんが決めることなので、公開されたら『Twitter』とかでチェックしてみます(笑)。

藤森:お客さんにお金を払っていただいて観ていただく作品ですし、そんな「ちょっと分からない」なんて発言は製作・配給のみなさんに失礼になってしまうので、僕は、120点と言わせてください!

宮川:ちょっと何やねん、さっきからお前(笑)。そんなん分かってるよ。分かった上で本心を語ってんねん。

――タートルズはリーダーの“レオナルド”、熱血漢の“ラファエロ”、ムードメーカーの“ミケランジェロ”、メカ担当の“ドナテロ”とバランスのとれた4人組です。それぞれのキャラクターをよしもとの芸人さんに置き換えた場合、誰が当てはまりそうでしょうか。

藤森:いいですね。世代を絞らないと収拾つかなそうなので、僕をミケランジェロにして同期の芸人で考えていいですか。レオナルドは、はんにゃの金田ですね。意外と真っ直ぐで正義感が強いリーダータイプなんですよ。ラファエロは今一番勢いがあるトレンディエンジェル斎藤さんかな。熱い特攻隊長タイプです。頭脳派は……、フルーツポンチの村上ですかね。でもアイツはちょっと捻くれてるんで、ドナテロに申し訳ないですけど(笑)。

宮川:オモロいな。じゃあ、天素(吉本印天然素材)のメンバーで考えてみよか。レオナルドは、やっぱ矢部(ナインティナイン)やな。いや、宮迫さん(雨上がり決死隊)か。ラファエロは、フジモン(FUJIWARA藤本)とかね。ミケランジェロは、岡村(ナインティナイン)? いや、僕も入ってへんと寂しいんで、僕ですわ。ドナテロはバッファロー吾郎の竹若さんだな。頭脳派でメガネもしてるし。……いや、ちゃうなあ。フジモンと僕が逆かなぁ。考え出すとオモロなってきた(笑)。悩んでまうわ……。

――どちらのメンバーもしっくり来ました(笑)。当てはめながら映画を観ると、また別の楽しみ方があるかもしれませんね。最後に、ファンのみなさんにメッセージをお願いします。

藤森:夏の締めくくりにピッタリな、痛快な作品だと思いますので、友達同士、家族、カップルで楽しんでください!

宮川:ホンマに、アクションあり、笑いありで、年齢問わず楽しんでもらえる映画やと思います。ぜひ、字幕版と、僕らが参加した吹替え版の両方を観てもらいたいです。ちょっと今気付いたんですけど、ドナテロのメガネが鼈甲(べっこう)なんですよ。これ凄ない? カメだからってことでしょ?

――確かに(笑)。なかなかアイロニカルな設定ですね。本日はありがとうございました!

『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>』公式サイト:
http://tmnt-shadows.jp/

(C)2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP