体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

宮川大輔さん&藤森慎吾さんインタビュー タートルズの4人をよしもと芸人に例えると?

IMG_0307_f

8月26日(金)より日本公開を迎えた映画『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>』。『トランスフォーマー』シリーズのマイケル・ベイが製作を手がけ、最先端技術を駆使したハイスピード・アクションとコミカルな掛け合いで世界中を魅了したタートルズの4人が再びスクリーンに帰って来ました。

今回は、日本語吹替え版のゲスト声優として本作に参加したお笑い芸人の宮川大輔さん(ロックステディ役)とオリエンタルラジオ・藤森慎吾さん(ビーバップ役)を直撃。予告編でも話題となった関西弁やチャラいセリフ回しについて話を聞いてきました!

――率直な感想として、あれほどまでに喋り手の顔が浮かぶ吹替えはかなり斬新でした(笑)。それがまた『タートルズ』の世界観にマッチしていた印象です。

IMG_0336_f

宮川大輔さん(以下、宮川):僕は映画の吹替え自体が初めてで、しかも関西弁で大丈夫なんかなと思ってたんですけど、「普段の宮川さんの感じでお願いします」ってことだったんで、楽しくやらせてもらいましたね。

IMG_0355_f

藤森慎吾さん(以下、藤森):字幕版で観た時はビーバップの声がすごく低くて、ワイルドな感じだったんですよね。それでも「藤森さんの甲高い声で」って言ってもらえたので、普段のノリを意識しました。

――『タートルズ』はもともとなじみがあった作品ですか?

宮川:昔からキャラクターが大好きで、海外行った時にフィギュアとか買ってましたよ。あと、タートルズ柄のシーツとかね。

藤森:シーツって(笑)。それはちょっと信じらんないですわ。シーツにそんな派手な柄あります? だいたい無地でしょ。

宮川:それは、お前の家やろ(笑)。柄もあるって。関西やからウチは柄もん多いねん。ちゃんとハワイで買うたわ。

藤森:しかもハワイですか(笑)。僕も小さい頃にアニメを観ていた世代で、作品に参加できてめちゃくちゃ嬉しかったですね。ビーバップもそうですけど、やはり僕のルーツにはミケランジェロがいて、あの軽さ、チャラさがどっか自分の中に染みついていたんだと思います。

ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>

――思い入れがある分、やはり不安もあったのでは?

宮川:海外の仕事行くときに飛行機の中で映画を観ることが多いんですけど、吹替え版で観ると印象ちゃうな、って思うことがたまにあるじゃないですか。それになりたないな、っていうプレッシャーはありましたね。ただ、僕らのシーンは物語がシリアスになりすぎないように調節する役割があるんで、慎吾と一緒にコミカルな掛け合いのシーンが多かったのは安心感がありました。

藤森:日本独自のというか、オリジナルにとらわれない雰囲気だったので、思いっきり楽しんでやらせてもらいました。でもロックステディの関西弁はビックリしましたね。先に大輔さんが声を当てていたんですけど、僕の時には大輔さんの声をオフにして収録しました(笑)。

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy