体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

摂取カロリーが減る!?音楽が「心と体」にもたらす11の効果

ただただ楽しいから「音楽」を聴く。それもとても素晴らしいことです。ただ、音楽を聴くことは私たちの心と体にも大きな効果をもたらしてくれるといいます。米メディア「Little Things」で紹介されたJohanna Silverさんの記事を読めば、新たな健康習慣をマスターできるかも。

01.
リラックスできて
睡眠の質が上がる

摂取カロリーが減る!?音楽が「心と体」にもたらす11の効果

音楽なんか聞いて、よく眠れるの?と疑問に思うかもしれませんが、WebMDによれば、リラックスしたテンポの曲を聴くことは寝つきが良くなる効果をもたらしてくれるそう。ボリュームや選曲を意識すれば、よりぐっすりと眠れて、睡眠の質が向上する可能性があります。

02.
仕事中のストレスを解消して
パフォーマンス向上

お気に入りの一曲を聞けば、いつだって気分は上がりますよね?とくに、仕事の締め切りに追われていたり、次の予定が心配なとき。ストレス解消にもなるし、パフォーマンスも上がるはず。

03.
悩み事にも
前向きに!

人はそれぞれ「落ち込んでいるときに自分を励ましてくれる曲」を持っているもの。2013年に行われた研究によれば、人は音楽を聴くことで、より内省的になれるそうです。悩み事や問題を抱えていて気分が落ち込んでいるとき、音楽がより広い視野で考えられるきっかけにもなり、明るい見通しがつくかもしれません。

04.
「食べ過ぎ」を減らせる?

摂取カロリーが減る!?音楽が「心と体」にもたらす11の効果

2012年にコーネル大学が行った研究によれば、柔らかい照明のなかで音楽を聴きながら食事をした人たちは、カロリー摂取が18%も少なかったのだとか。自宅で食事をする際も、音楽をつかってリラックスできる環境を作れば、知らず知らずの間にダイエット効果を得られるかも。

05.
もっと目の前のことに
集中できる

摂取カロリーが減る!?音楽が「心と体」にもたらす11の効果

「集中すべきとき、音楽を聴くのは良くない」と言われることもありますが、テンポのゆっくりなアンビエントミュージックは、落ち着いて物事に取り組めるようになる効果があり、ストレスで集中力が途切れることも少なくなります。

06.
ポジティブになり
記憶力にも影響

音楽を聴くことで脳内のドーパミンやオキシトシンのレベルが高くなると、ポジティブな気持ちになり、知覚が鋭くなると言われています。さらに脳の可塑性が高まり、新しいことを学ぶ力や、記憶力が高まることにもなるとか。

07.
手術前の不安減少や
血圧を下げる効果も

摂取カロリーが減る!?音楽が「心と体」にもたらす11の効果
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。