ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BOYS AND MEN、最新シングル「YAMATO☆Dancing」発売記念イベント開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

BOYS AND MENが、メジャーレーベル契約第一弾シングル「YAMATO☆Dancing」のリリースを記念し、23日にお台場のヴィーナスフォートの教会広場にてイベントを開催、会場に集まった1,000人のファンは大いに盛り上がった。

この教会広場は今年1月はじめに彼らが2016年の目標である「全国制覇」と書き初めを行い新年の決意を誓った場所。彼らの定番衣裳である学ラン姿で登場し、10月29日公開の映画「BOYS AND MEN~One For All, All For One~」の主題歌でもある新曲「YAMATO☆Dancing」はもちろんのこと、2016年1月リリースの「BOYMEN NINJA」、2月リリースの「Wanna be!」、さらに映画「BOYS AND MEN~One For All, All For One~」の劇中歌「One For All, All For One ~夢は叶えるもの~」も披露し、計4曲の躍動感あふれる迫力あるパフォーマンスでファン達の視線を釘付けにした。

パフォーマンス後には、ニューシングルや、10月公開の映画について語ったボイメン。今回のシングルにメンバーは「今年6年目に入るんですが、今まで僕たちがどんなふうに夢を追いたけてきたか、熱い思い僕たちの魂こもった曲です。今夢を追いかけて人に熱くなって貰いたいなと思います。どんなところにも挑戦すれば夢をかなえるチャンスが誰でもやっていると言う事を証明しているつもりです。」、「汗でぐちゃぐちゃでも一生懸命夢を掴みに行こうよ!ボイメンらしさがギュッと詰まっています。」「男の生き様見せてやる!」と熱い思いを語った。

また映画に関して、「僕たち自身を演じて、今までどうやって夢を追いかけてきたかドキュメンタリーではないがリアルに演じています。これだけのキャラクターがいて夢を追いかける群像芸として面白い仕上がりになっていて、前向きになる作品になっています。」と話した。

さらに、先日まで行われていたリオ・オリンピックについて印象に残ったことを話し、

辻本「僕が一番印象に残ったのは卓球の水谷選手です。男子の迫力のある卓球、中国の選手との試合、迫力ありましたね。」

本田「僕は、男子400メートルリレー1人1人の選手は9秒台の選手は居ませんが、バトンを繋いでいくと途端に強くなる日本のチームワークは僕たちと一緒だと思いました。」

水野「ボルト選手の3冠は無理じゃないかと言われていたが、僕たちも(オリコンシングルランキング)3作連続1位、3冠とれるのかというところもあり勇気を貰えます。」

また東京オリンピックが開催される2020年の抱負を聞かれ小林は「僕たち地元名古屋を拠点に活動してきたので名古屋ドームでライブをやりたい。そのためにメンバーの絆を深めて皆で突っ走って、全国の方に名古屋に来て頂き、一緒に盛り上がりたい!」と終始熱い思いをと感謝の気持ちを伝え、大盛況のうちにイベントは無事終了した。

Photo by 山本佳代子

リリース情報
「YAMATO☆Dancing」
2016年8月24日発売

初回限定盤(CD+DVD)UICV-9197 / 1,800円(税込)

通常盤(CD)UICV9198~9207 / 1,350円(税込)
メンバー別ピクチャーレーベル盤(初回限定)UICV-5055 / 1,050円(税込)

関連リンク

BOYS AND MEN オフィシャルサイトhttps://boysandmen.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP