体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ブラッシングは頭のてっぺんめがけて。顔のたるみなくそう

何事も、本当に解決したいなら根本から直すことが大切。

たるみの原因は頭にあった

それは、顔のたるみも同じ。たるみの原因となるのは、頭

リフトアップしたいなら、ほうれい線や目尻の下がりといった部分的な問題を気にするのでなく、まずは頭のケアから。

重力によって、頭頂部から水がしたたり落ちるかのように肉が流れ、すべてがあらゆる方向にたるんでいくのです。想像するだけでゾクッとします。

逆ブラッシングでリフトアップ

でも、たるみは意外と簡単に防ぐことができるんです。

方法は、髪の毛を、生え際から頭頂部に向かって集めるようにブラッシングすること。普通のブラッシングとは逆に、地肌を頭頂部に集めるイメージでとかすのがポイント。

そうすることで、リンパを刺激し血行が良くなり、地肌にハリが回復するのです。

これなら毎日のブラッシングのときに簡単に取り込めるから、すぐにはじめられます。

※この記事は2014年8月に掲載されたものを再編集しています。

写真/Shutterstock

■ あわせて読みたい

メイク前の土台ケアでメイクの70%は完成している(のかも)。早坂香須子さんに聞いてきた
自分の魅力わかってる? コスメセットの使い方でわかる #深層心理
太陽を浴びる前から。2週間逆算のインナーケア
見つめるだけでドキッとする。あなたがなりたい目の形は?
人生は短い。何度もリップを塗り直す時間はない
約8割が夏のメイク崩れが気になる。アイメイクのにじみ防止策
男子は「でもでも女子」が正直しんどい #男子の本音

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。