ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【絶対喜ばれる!大阪の人気お土産18選】地元民ランキング&編集部おすすめを集めました

DATE:
  • ガジェット通信を≫

豚まん

ご当地のオイシイものは、やっぱり地元の人が知っている!

あなたの旅のお土産選びをもっとスムーズにするべく、『じゃらん編集部』が地元民の声を集めた「美味しいお土産ベスト10」を発表☆

ランキングの他にも、定番から人気商品まで揃えたイチオシお土産情報もお届け!

職場や彼氏やお友達、そして自分へのお土産探しに活用してみて♪

ご紹介するのは、「食い倒れ」の街・大阪府。

グルメ目的に旅する人もたくさんいるだけに、お土産もスイーツにコナもの、老舗の定番から新しいものまでバラエティ豊かなラインナップになりました。

それでは、さっそくチェックしてみましょう♪

【1位】豚まん

豚まん

職人たちが気持ちを込めて一つ一つ手包みした豚まん。主役の豚肉は食感を出すためミンチにせずダイス状に荒切りカット。甘い玉ネギと肉汁たっぷりの豚肉はジューシーで、ほんのり甘みのある皮が具材を一層引き立てる。ちなみに、大阪は牛肉文化のため、単に「肉」と言うと牛肉を指すことから、肉まんと言わずに「豚まん」との呼び方が定着した。 価格:340円(2個)

販売元:蓬莱

【2位】堂島ロール

堂島ロール

北海道産の生乳を使ったオリジナルクリームを、卵風味広がるしっとりした生地でやさしく一巻きしたロールケーキ。「クリームがいっぱい」「クリーム最高」と、搾りたてミルクのような美味しさが広がるクリームが、クチコミでも絶賛されている。パッケージにはセピア色した「堂島」界隈の地図と商品コンセプトが描かれている。 価格:1,260円(1本)

販売元:Mon cher

【3位】ひとくち餃子

ひとくち餃子

ひとくち餃子

大阪北新地で創業し餃子一筋30余年の専門店が作る「ピリッとパリッと香ばしい」小さいサイズの餃子。高知県土佐香美産のみずみずしく香り高いニラと国産の豚肉を使用し、その日に作ったものが店頭に並ぶ。パリパリ感とピリッと感が「おかずにもおつまみにもなる」「いくつでも食べられる」とやみつきになる味わい。水餃子でお鍋にいれてもおいしい。 価格:1,429円(30個)

販売元:点天

【4位】焼きたてチーズケーキ

焼きたてチーズケーキ

焼きたてチーズケーキ

デンマークから直輸入したクリームチーズ、新鮮な卵と牛乳を使用したふんわりチーズケーキ。自家製シロップで漬け込まれたレーズンが食感のアクセントに。いい香りが漂う店舗ではいつでも焼き立てを提供できるよう、朝から晩まで焼き続けている。焼き立てのしゅわしゅわとした口どけ、冷めてからのしっとりした味わいと、味の変化を楽しめる。 価格:675円

販売元:りくろーおじさんの店

【5位】岩おこし・粟おこし

岩おこし・粟おこし

岩おこし・粟おこし

岩おこし・粟おこし

江戸時代後期1805年に創業以来、200年以上作り続けている老舗の岩おこし・粟おこし。「岩おこし」はしょうがの風味が黒砂糖の甘さを引き立て、独特の硬さが持ち味。「粟おこし」はお米を粟粒状に炒り揃えてごまを合わせた香ばしさが特長。「昔からある定番」「大阪伝統の味」など、ご当地らしさを推すクチコミが目立った。 価格:各756円(岩おこし10枚束、粟おこし10枚束)

販売元:あみだ池大黒

【6位】秘伝しょう油味たこ焼

秘伝しょう油味たこ焼

秘伝しょう油味たこ焼

大阪のソウルフード・たこ焼き。大阪出るとき連れてって~♪のCMでおなじみのたこ昌では、しょう油味に厳選素材を使った生地を銅板の焼器で職人がひとつずつ手焼き。「生地の味をしっかり感じられる」「しょうゆ味がいい」とのクチコミにもあるように、ソースなしでもそのまま美味しくいただける。道頓堀はじめ府内にある5店舗では、ほかにも様々なたこ焼きを堪能できる。 価格:1,080円(14個)

販売元:元祖たこ昌

【7位】本千鳥

本千鳥

本千鳥

口どけのよい柔らかな舌ざわりの白餡を風味のよい焼き皮で包んだ饅頭。白餡は北海道産大手亡豆(白いんげんの一種)のみを使用し丁寧に皮をとった後、ザラメ糖だけでこし餡に。「ほっこりする味が緑茶にぴったり」「千鳥屋といえばこれ」など、創業380余年来、守り続ける伝統の味に対する安心感がコメントからも伝わってくる。 価格:2,160円(15個)

販売元:千鳥屋宗家

【8位】じゃがりこたこ焼き味

じゃがりこたこ焼き味

大阪のソウルフードたこ焼きを、人気のじゃがりこで再現。独自の製法で「はじめカリッとあとからサクサク」の食感と、ソースとマヨネーズのコクが後を引く。「大阪らしい」「おなじみのじゃがりこなので買いやすい」などのクチコミにもあるように、じゃがりこの知名度×ご当地感、さらに関西らしい派手なパッケージに、ダジャレも満載と、お土産にうってつけだ。 価格:864円(20g×8袋)

販売元:カルビー(株)

【9位】大阪プチバナナ

大阪プチバナナ

ふんわりスポンジの間にバナナカスタードをサンドしたケーキで、大阪府豊中市の人気ケーキ店「ムッシュ マキノ」の牧野眞一氏が考案。ショートケーキをイメージしたスポンジは限りなくソフトに、表面はこんがり香ばしく、バナナ果肉の入ったクリームはとろーりと甘く、一口食べた瞬間にバナナの香りが口いっぱいに広がる。 価格:648円(6個)

販売元:瓢月堂

【10位】ええもんちぃ

ええもんちぃ

ええもんちぃ

素朴でどこか懐かしい黒豆入りカステラ風マドレーヌ。国産米粉、国産小麦粉、風味豊かな発酵バターを使ったしっとり食感のマドレーヌに、ごろりと入った大粒の黒大豆がアクセントになっている。「ええもんちぃ」は「ええもんあげよ」という大阪弁から生まれたネーミングで、お土産にぴったり。製造元の「五感」は、日本人の主食である米を洋菓子に取り入れている、大阪北浜の洋菓子店。 価格:650円(6個)

販売元:五感

このランキングについて

旅のプロ・じゃらん編集部が取材と現地最新情報をもとに人気の食品土産を20種ピックアップ。そのリストの中から「美味しい」と思うもの5つを地元民に選んでもらい、合計得票数でベスト10を決定した。

>>まだまだある!定番&人気商品はこちら

たこ焼きせんべい

たこ焼きせんべい

出典:http://www.jalan.net/omiyage/omi_0000000666/

たこ焼き本来の風味を生かした特製ソースで味付けした、なにわのおいしいおせんべいです。 たこ焼きせんべい

「たこ焼きせんべい」の詳細はこちら

村雨(和菓子)

村雨(和菓子)

出典:http://www.jalan.net/omiyage/omi_0000000664/

上質の小豆に米の粉と砂糖を加えて蒸し上げた古くから泉州に伝わる棹物の銘菓です。 村雨(和菓子)

「村雨(和菓子)」の詳細はこちら

pon pon coco

pon pon coco

出典:http://www.jalan.net/omiyage/omi_0000000671/

色々たのしい。ポンポン食べたい。あたらしい「おこし」を大阪から。 pon pon coco

「pon pon coco」の詳細はこちら

大阪北堀江プチエトワール (シューラスク)

大阪北堀江プチエトワール (シューラスク)

出典:http://www.jalan.net/omiyage/omi_0000000663/

小さくてかわいい一口サイズのシューラスクです。メープルとチョコレートの2種類の味。 大阪北堀江プチエトワール (シューラスク)

「大阪北堀江プチエトワール (シューラスク)」の詳細はこちら

大阪ちよ子

大阪ちよ子

出典:http://www.jalan.net/omiyage/omi_0000000667/

サクサクのコーンフレークとの相性が絶妙なクランチチョコレート。「ちよ子」さんの傘がトレードマーク。 大阪ちよ子

「大阪ちよ子」の詳細はこちら

たこべえ三兄弟

たこべえ三兄弟

出典:http://www.jalan.net/omiyage/omi_0000001214/

大阪名物たこ焼きをそのまませんべいにした「たこべえ」。3種類の味が楽しめ、大阪土産として大好評です。 たこべえ三兄弟

「たこべえ三兄弟」の詳細はこちら

福の花

福の花

出典:http://www.jalan.net/omiyage/omi_0000000669/

ピーナッツ、黒糖しょうがなど、4種類のおこしをお召し上がりやすく一口サイズに包みました。 福の花

「福の花」の詳細はこちら

ヘルメス とんかつソース

ヘルメス とんかつソース

出典:http://www.jalan.net/omiyage/omi_0000000673/

製造全般を手作業で行い代々継承されている下町のなつかしい味です ヘルメス とんかつソース

「ヘルメス とんかつソース」の詳細はこちら

※定番&人気商品は2017年4月時点の情報です

関連記事リンク(外部サイト)

絶景の中を爽快ドライブ!景色目当てに行く価値ありのスカイライン【全国24ロード】
【ご当地グルメ】全47都道府県網羅の決定版☆グルメ旅で絶対食べたい名物料理は?
【保存版】関西人ママライターが選ぶ、家族旅行におすすめの観光地はここだ!in関西

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。