ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

木村拓哉と女性マネジャー、かつては信頼しあう仲だった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「木村拓哉対4人のメンバー」という様相を呈しているSMAPの解散騒動。今年1月のSMAP独立騒動の際には、女性マネジャーと行動をともにすると決めていた4人のメンバーに対し、木村のみがジャニーズ事務所残留を選択。その結果、独立は実現せず、『SMAP×SMAP』での生謝罪を経て、事務所に残ることとなった。

 それから約半年後、急転直下の解散となるわけだが、ハワイの地でその事実を知った木村はただただあ然とするばかりだったという…。

 芸能界において、木村拓哉(43)の存在はとてつもなく大きいものだ。日本のアイドル像は、「キムタク前」と「キムタク後」で大きく変わった。

「木村が登場して初めて、年上の女性でもアイドルに熱をあげていいと社会的に認められました。それまでのアイドルは基本的に年下から憧れられる存在で、ファンの中心は中学生や高校生。いい大人の女性が『光GENJIのかーくん!』と応援することはありませんでした。それが木村さんのブレークにより、女性が年齢に関係なくアイドルに熱狂できるようになった。マスコミやファッション業界の女性たちも木村拓哉を語るのが一つのトレンドになっていました。彼がアイドルの持つ枠を大きく広げたんです」(芸能関係者)

 今では大人の女性が読むファッション誌にTOKIOや嵐のメンバーが登場するのは当たり前だが、木村が登場する前にはありえなかった。

「木村さんには圧倒的な存在感がある。それほど努力をする必要もなく、スターの階段を駆け上った人です。中居(正広)くんが読書に時間を割き、バラエティーで司会術を磨き、草なぎ(剛)くんが韓国語をマスターするなど、他のメンバーには努力の時期がありましたが、木村さんは別格。どんな仕事でも“自然体”で“キムタク流”にこなします。それは彼だけに許されたことでした」(テレビ局関係者)

 周囲から特別扱いされ、“何でもできる男”というレッテルが貼られる中、木村は壁に直面する。世界的な名監督、ウォン・カーウァイ氏が手がけた映画『2046』(2004年公開)は当初、木村と香港人俳優トニー・レオンのW主演との触れ込みだったが、撮影は大幅に遅れ、できあがった作品では、木村の出演時間はわずか7分だった。

「日本の大スターが参加、と期待されていましたが、いざ撮影に臨むと、木村の演技力と語学力に監督が満足できなかったといわれています。この時はかなりショックを受けていたそうです」(映画関係者)

 SMAPを長年担当してきた女性マネジャーはグループを化けさせる存在として、木村を大切にしていた。

「CDデビュー前の弱冠17才の木村さんを、厳しい演技指導で有名な演出家の故・蜷川幸雄さんの舞台『盲導犬』に出したのも女性マネジャーの仕掛け。木村さん自身は“蜷川さんの舞台はもうこりごり”という感じでしたけどね(笑い)。『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)でウサギの被り物をさせたPちゃん役をやらせたのも彼女です。“今の人気にあぐらをかいていたらダメ”と助言しながらも、“木村は厳しく叱って伸びるタイプではない”と言っていましたね」(前出・テレビ局関係者)

 木村はいくつものドラマで「ハマり役」を得てきたが、同じ職業を別のドラマで演じたことはなかった。また、誰がやってもカッコよく見える「刑事」と「医者」は演じたことはない。それもこだわりだったという。木村が工藤静香と結婚するまで、彼女に対する信頼も厚かった。

「若い頃の木村さんは彼女のアドバイスをいちばんに求めていた。たとえばファッション誌の撮影でどんな大物スタイリストがついても、木村さんは女性マネジャーの目にどう映るかを気にして、常に彼女に意見を求めていました」(別の芸能関係者)

※女性セブン2016年9月8日号

【関連記事】
いるだけで視線集める木村拓哉 光GENJIから厳しく叱られた
高畑裕太容疑者、業界内で広まっていた悪癖 母は新居建築中
中居と木村の関係悪化 森且行・工藤静香・倖田來未も影響か

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。