ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

西原理恵子が高島礼子に「男捨離できて、お疲れさんです!」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「『家族仲良くなくてヨシ』の言葉に救われました。これまで夫の機嫌が悪くなるのが怖くて、自分の母よりも義母の介護を優先していたけど、自分を犠牲にしてまで夫婦仲を保たなくてもいいし、どうしても嫌だったら離婚したっていいんだな、って」(53才・パート)

「私たちの世代ってやっぱり『夫に3歩下がってついていく』が基本。だから夫を残してひとりで外出なんてしたことがなかったし、結婚してから今までずっと、3食夫のために作ってきたけれど、残された自分の人生を思うと、『自分で自分の食べたい時にご飯を作りたい』と思う気持ち、すごくわかって…。今度ひとりでファミリーレストランに行ってみようと思いました」(81才・専業主婦)

 この夏、50代以上の女性たちの間で大反響を呼んだ記事がある。漫画家・西原理恵子さん(51才)が毎日新聞で連載中の漫画『毎日かあさん』の「離婚ラッシュ」(7月4日掲載)と「独り立ち」(7月10日掲載)だ。50代と70代で離婚を決意する女性をそれぞれ描き、ツイッターでも2万リツイート以上を記録している。冒頭の2つのコメントは、この漫画を読んだうえでの感想だ。

 夫婦問題研究家の岡野あつこさんは、年々増えているという離婚の理由をこう話す。

「今は、パートでも食べていけるし、女性も働くのがスタンダード。女性が離婚を選択しやすくなりました。また、離婚まで至らなくても、籍はそのままで円満に別居に至る『ハッピー別居』など、さまざまな生き方を選べるようになりました」

 確かに西原さん自身も離婚経験者。今は『高須クリニック』の高須克弥院長(71才)がダーリンで、幸せな生活を送る。そんな西原さんが見てきた“女の決断”。そこには、すべての世代の女性が健やかに生きるヒントがあった。

「私は“いち抜けた”の人(※離婚経験者)。『離婚ラッシュ』で描いたように今、50代になって『ただいま』と“独身”に帰ってくる女性が身の回りにすごく多いんです」(西原さん、以下「」内同)

 多くの女性は20~30代で結婚・出産ラッシュを迎える。そして40才になったあたりから介護が始まったり、子育てが一段落して再就職をしたりと、めまぐるしく日々が過ぎていく。そして迎えた50代。「やっぱり独りになりたい」「夫の面倒より、親の介護を優先させたい」と離婚を決意する人が多いのだという。

 女優・高島礼子(52才)もその1人だ。今年6月、元夫・高知東生(51才)が覚せい剤と大麻所持の容疑で逮捕。結婚生活は実に17年。もちろんこれまでも夫婦の危機は何度もあったが、そのたびに「やっぱり別れられない」と高島は踏みとどまった。

「あの手の男は“依存”という病気なんです。『愛している』と言うとか『支配しようとする』とかではなく、お腹を見せて甘える。自分の立場を守るためにどんなウソでもつきます。小型犬のフリなんか朝メシ前。だから気持ちはわかる」

 というのも西原さん自身が、高島のような結婚・離婚を経験しているからだ。1996年に戦場カメラマンの鴨志田穣さん(享年42)と結婚。2人の子供を授かったが、やがてアルコール依存症になり、西原さんに暴力をふるうようになる。なかなか別れられず、2003年に離婚するまで7年間、壮絶な結婚生活を送った。

「アルコール依存もですが、覚せい剤常習者は心の病。そういった人は隠すのが上手なんです。よくみなさん、DVの被害者に『どうして、暴力をふるう人だとわからなかったの?』と聞くけれど、わからないように隠すのがあの人たちの技術なんですよ。

 典型的なDVの発生は妻が妊娠してからとか、出産直後からというのが多いんです。ウチも生後1週間の赤ちゃんを抱いているところでずっと怒鳴られ続けたり、描いた原稿を破られたこともありました…。必ず反抗できない時を選ぶ、そして自分より弱いもののところにいく。だからいくら病気と聞いていても、おそろしく卑怯でどうしようもない人間だと思っていました。

 でも、拾った犬って道に捨てられないでしょう? 高島さんのところもウチと同じく、うまく立ち回っていたんだと思います。たとえば高島さんが疲れて家に帰ってくると『お帰り、待ってたよ』と甘えるとか『お父さんの面倒はぼくがみるよ』と言うとか、そういうウソはいくらでもつける。でも実際は仕事から帰ってきてみても何もやっていなくて。だけれど自分も疲れているから『あなた、やってないじゃないの』とも言えない。男女関係ってそうなりがち。

 だから、今回のことはいいきっかけになった。きっとこれまで、女優業が忙しくて、向き合うのも面倒くさいし、“男捨離”(だんしゃり)ができなかったんだと思います。この機会にすっぱり別れられて『お疲れさんです! 高島さん!!』と言ってあげたいです(笑い)』

 一方の高知は、保釈後、謝罪後の第一声が「(妻に)早く会いたいです」だったと報じられている。しかし高島は、「大勢の私を支えてくださるかたがいるから決断しなければ」と突っぱね、離婚に踏み切った。

「高知さんは依存病です。何回でもウソをつきます。治すにはプロの介入、そして家族が見放すしかないんです。これを患者本人の『底つき』と『気づき』(※註)といいます」

※註:「底つき」「気づき」とは、依存症患者が周囲に見放されるなど、絶望の淵に立たされることで自分の危険な状況を自覚すること。

※女性セブン2016年9月8日号

【関連記事】
5月8日は母の日 その日が母の命日の高島礼子が思い出語る
高校時代の高嶋政宏 霊感を鍛えるために白装束で毎週修行
週刊ポスト編集部が『下町ロケット』の舞台に 高島彩も登場

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。