ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

健康寿命日本一は山梨 沖縄は不健康化が急速に進む

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 長生きはしたいが、病気にはなりたくない──誰もがもつ健康への願い。だが、「介護の必要などがなく生活できる期間」を表す健康寿命にも、大きな地域差があることを、データは示している。

「日本人は平均寿命の長さで知られるが、本当に大事なのは健康寿命。この寿命を見ると、実は日本は“不健康長寿大国”なのです」──長尾クリニックの長尾和宏院長はこう強調する。

 厚労省によると2013年の日本人の健康寿命は、男性71. 19歳、 女性74. 21歳。平均寿命との差は男性で約9歳、女性で約12歳となる。日本人は亡くなるまでの10年前後を要介護状態で過ごすのだ。

 そうした中、健康寿命の都道府県別ランキングの1位は男女とも山梨だった。以下、男性は沖縄、静岡、石川、女性は静岡、秋田、宮崎が続く。

「要介護になるきっかけの多くは糖尿病や認知症です。自然が多い山梨や静岡では、日頃から体をよく動かして野菜を多く食べる生活習慣があり、それが健康寿命の長短に影響してくると考えられます」(長尾氏)

 健康寿命には、人との「つながり」もカギとなる。山梨には、各人がお金を出しあって旅行や飲み会をする「無尽」という昔ながらの習慣が残っている。

「現在も高齢者を中心に無尽が盛んです。地域の人とのつながりが健康寿命の長さにつながるのでは」(山梨県福祉保健部健康増進課)

 静岡も高齢者の就業率が高く、地域のボランティアなど社会活動が盛んだ。

 一方、かつて日本一の長寿県として知られた沖縄は「不健康化」が急速に進む。平均寿命は女性3位、男性30位まで下落し、急性心筋梗塞や脳血管疾患などによる現役世代の死亡率が高い。ライフスタイルの欧米化が顕著で、肥満者の割合も全国トップクラスになった。

「外食やコンビニ中心の食事と運動不足は生活習慣病につながる。沖縄の凋落は“日本の未来”を暗示しているように見えます」(長尾氏)

※SAPIO2016年9月号

【関連記事】
日本人の「平均健康寿命」 実際の寿命と比べて10歳程度の差
健康寿命1位の浜松市 担当者「緑茶や鰻原因と断言できぬ」
長野県は平均寿命、健康寿命、幸福度ランキング部門で日本一

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP