ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

旅行ガイドブックの売り方!買取価格に期待しないで早く売る

  • ガジェット通信を≫

プライベートで計画する旅も、団体で申し込むツアーでも、旅行の予定がたつと多くの人が購入する旅行ガイド。海外旅行などの場合、1つの国に対して、2~3冊購入するという人も少なくないと思います。旅行好きだったらどんどん溜まっていくガイドブックは高く売れるのか。旅行ガイドの買取事情について解説します。

旅行ガイドブックの査定に驚き!

いざ旅行に行こうという時、ガイドブックを古本屋に探しに行くと、ほとんどが店頭に置いていないか、置いてあったとしてもごくわずかしかありません。また、旅行前に大量に購入したガイドブックを持ち込んでも、買取は10~50円程度、時には価格が付けられず断られることもあります。

旅行のガイドブックは、なぜ買取してもらえないのでしょうか?
もしも高く売る方法があれば知りたいですよね?
そこで、旅行ガイドブックの買取事情について解説します。

売れるガイドブックとは?

短期間の観光旅行では、写真と一緒に現地のグルメ情報などがたくさん掲載されているムック本サイズが人気です。買取価格には期待が持てない旅行ガイドですが、人気があるのなら高く買取してもらえそうですよね?
では、値段が付きやすいものとは、どういったガイドブックでしょう?

地球の歩き方

日本語で書かれたガイドブックの中で、他社と比較にならないほど豊富な情報量が特徴です。実は、この「地球の歩き方」は、他のガイドブックと比較すると高価買取に期待が持てます。

ムック本サイズのガイドブックと比べて写真の数が少なく、国によってはかなりの重量感があります。しかし、その分、グルメ・観光情報・交通機関情報だけでなく、現地の風習や文化、治安についてまで情報の幅が広く、観光地とはかなり離れた田舎の都市のことまで書かれています。
有名スポットを巡るような観光旅行では、写真が少ないためイメージが湧きにくく、使いにくいと感じる人も多いですが、現地の都市から都市へと移動するバックパッカーのようなスタイルの旅行では、その実力を体感することになるでしょう。

るるぶ・まっぷる・ことりっぷ

るるぶ・まっぷるなどのムック本は、地図も大きく、探したい情報を見つけやすいというのが特徴です。また、「ことりっぷ」は女性の使いやすさを追求したガイドブックで、軽くて持ち歩きやすく人気があります。
これらは、グルメ・ショッピング・現地イベントなどの情報を豊富な写真入りで紹介してあるので、旅行中の計画をイメージしやすく、1つの都市で数泊して有名観光地を巡るというツアー程度の旅行には最適です。

しかし、しっかり丁寧に観光したい人にとっては、情報不足は否めません。交通アクセスの解説も少なく、開催イベントなどシーズン的な情報はすぐに古くなってしまうため、買取店では断られるケースも多いです。


旅行ガイド買取相場

買取比較サイト「ウリドキ」を使って、人気の高い旅行ガイドの買取価格を調べてみました。
※買取価格は記事作成時(2016/08/24)のものです。

地球の歩き方

地球の歩き方シドニー&メルボルン 改訂第17版  50~600円
地球の歩き方 イギリス 2016~2017   5~840円
地球の歩き方 ヨーロッパ 2016~2017   5~800円
地球の歩き方 南極大陸 完全旅行ガイド  5~550円
地球の歩き方 ネパールとヒマラヤトレッキング  5~975円
御朱印でめぐる江戸・東京の古寺 改訂版  5~550円
ウリドキで最新の「地球の歩き方」買取価格を調べる

るるぶシリーズ

るるぶ東京ベスト ちいサイズ(2015/09/18発行)45円
るるぶ東京ベスト(2015/09/04発行)50~115円
るるぶ横浜 鎌倉 中華街(2015/09/04発行)5~300円
るるぶユニバーサル・スタジオ・ジャパン公式ガイド(2016/05/01発行)5~250円
るるぶこどもと行く沖縄’17(2016/06/20発行)5~350円
るるぶタイ・バンコク(2015/08/25発行)5~200円
るるぶ香港 マカオ’17 ちいサイズ(2016/06/29発行)5~400円
スパリゾートハワイアンズ 〔2016〕5~250円
ウリドキで最新の「るるぶ」買取価格を調べる

買取店紹介

古本買取書房.com

旅行ガイドは、発行から直近2年以内のものなら買取対象です。海外旅行/国内旅行/温泉ガイド/ホテルガイド/ショッピングガイド/るるぶ情報版~国内シリーズ・目的シリーズ・海外シリーズ/地球の歩き方/ブルーガイドシリーズ/JTBポケットガイド/ぴあMAPなど、査定対象も幅広く、旅行前に大量に買い漁った色々なガイドブックの査定におすすめです。

ブックオフ

全国どこにでもあって古本買取の知名度ではトップ。一般書籍やコミックの買取は「店頭買取」と「宅配買取(宅本便)」の方法があります。旅行ガイドブックは「雑誌/その他」に分類され、宅配での買取は受け付けていませんので、実店舗まで持ち込み査定が必要です。
この他にブックオフグループの古本買取では、「ネットオフ」というのがありますが、旅行ガイドは買取不可なのでご注意下さい。

インターネット販売を活用しよう!

買取してもらえない理由

短期間の観光ツアーでも気ままなバックパッカーでも、旅行ガイドブックに求められるポイントは、「情報の新鮮さ」です。年に数回新刊が発行されるムック本などのガイドブックは、週刊誌や月刊誌として扱われ、買取店によっては「発行から1年以内に限る」というような規定を設けている所があります。

また、ガイドブックは店頭で売れる数が少なく、売れない商品に高値を付けるお店はありません。
「地球の歩き方」や「トラベルデイズ」といったガイドブックは、現地を知るための資料としてのニーズがあり、多少古くなっても売れる可能性があるため、高値がつきやすくなります。

Amazonマーケットプレイス

本を購入するのにAmazonを利用する人も多いですが、読み終わった古本を売却するのにもおすすめです。もともと書籍販売に強いAmazonですから、「旅行ガイド」という販売ジャンルも確立されていて目的のガイドブックが探しやすくなっています。

Amazonマーケットプレイスは、「発売まで◎ヶ月までの書籍」などというルールもありませんから、古いガイドブックでもバックナンバーを探している人が見つかるかもしれませんよ!

オークション

買ったばかりのガイドブックでも、買取店では10~50円といった価格しか付きません。そこでおすすめしたいのがオークションです。
海外で人気の高いハワイ/グアム/韓国/アメリカ、国内なら沖縄/北海道などは、注目される可能性も高いでしょう。定価で700~1,500円程度のムック本でも、定価の半額程度で売れたという声もあります。
旅行へ行く前に、その国に関するガイドブックや歴史本など大量に購入したという場合は、セット売りという方法もおすすめです。

まとめ

一般的に、古本買取りのお店では、雑誌の買取を断られるケースは多く、3ヶ月~半年ごとに最新版が発行されるムック本は雑誌に分類され、買取事情は非常に厳しいのが現実です。
また、旅先で持ち歩いて傷みが激しい本や書き込みがあれば、買取に応じてもらえないことは覚悟しておく必要があるでしょう。
購入したものの放置したキレイなガイドブックは、1日でも早く売ることをおすすめします。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP