ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

南アジアの穴場?スリランカの物価情報まとめ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Reiko Matsumoto「緑の国 スリランカ」

こんにちは、Compathy Magazineライターの新田浩之です。

今回はインドの南にある島国、スリランカの物価情報をお届けします。長年続いた内戦も終結し、落ち着きを取り戻したスリランカ。ぜひ、今回の情報を基にスリランカを訪れてみませんか。

スリランカに一ヶ月暮らすならどれくらいかかるの?

スリランカはロングステイ向けに訪れる観光客も大変多いです。参考までに、スリランカにおける一ヶ月当たりの費用を見ておきましょう。単位はスリランカルピー(LKR)になり、1LKR=0.7円になります。食費は自炊が基本とすると、25,000LKRを見ればいいでしょう。携帯電話は4,000LKRになります。交通費は後で詳しく解説しますが、5,000LKRは見てください。

Photo credit: Shino Ichimiya「スリランカ/淡い空、強い海、緑の大地」

スリランカの交通事情

スリランカの公共交通手段はバスと電車があります。バスはコロンボからキャンディやトリンコマリーなどを結んでいる「ノーマルバス」と、空港とコロンボを結ぶ「ACバス」があります。鉄道は主にコロンボとキャンディを結ぶ路線が存在します。なお、バスを利用する際は平日の朝の通勤時間帯(7時~9時)と学校渋滞(13時30分~14時30分)、夕方の帰宅時間帯(16時30分~19時)は避けたほうが賢明です。

交通料金に関して

ノーマルバス、空港バス、鉄道の料金は以下の通りです。

.tg {border-collapse:collapse;border-spacing:0;}
.tg td{font-family:Arial, sans-serif;font-size:14px;padding:10px 5px;border-style:solid;border-width:0px;overflow:hidden;word-break:normal;}
.tg th{font-family:Arial, sans-serif;font-size:14px;font-weight:normal;padding:10px 5px;border-style:solid;border-width:0px;overflow:hidden;word-break:normal;}
.tg .tg-p4gx{font-weight:bold;background-color:#329a9d;color:#ffffff;text-align:center;vertical-align:top}
.tg .tg-zlxb{background-color:#ffffff;text-align:center}
.tg .tg-i81m{background-color:#ffffff;text-align:center;vertical-align:top}
項目
値段
コロンボ~キャンディ(ノーマルバス)
140LKR
キャンディー~トリンコマリー(ノーマルバス)
207LKR
街中で15分程度の移動(ノーマルバス)
12LKR~20LKR
空港~コロンボ(ACバス)
200LKR
コロンボ~キャンディー(鉄道)
280LKR(2等)、180LKR(3等)

スリランカの宿泊施設について

スリランカには数多くのホテルが存在します。高級ホテルからゲストハウスまで実に様々。その時の予算に応じて、宿泊するホテルを選択しましょう。ヒルトンなどの高級ホテルは中心都市であるコロンボ市内に集中しています。現地の生活を知りたければ、家族経営のゲストハウスに泊まるのがおすすめです。スリランカにあって、日本にないタイプのホテルが植民地時代に建てられたホテル。重厚な雰囲気がたまりません。

スリランカの宿泊施設の金額相場は?

スリランカにある一般的なホテルは7,000円から15,000円が相場と思っておけば問題はないでしょう。安いゲストハウスだと1,000円代から宿泊することができます。ただし、設備は整っていないので、そのあたりは金額相応と思って覚悟しておきましょう。なお、エアコンや温水シャワーがない昔ながらのホテルは3,000円から5,000円程度。ホテルの値段に関しては、あまり日本と変わりがないと思った方がいいかもしれません。

.tg {border-collapse:collapse;border-spacing:0;}
.tg td{font-family:Arial, sans-serif;font-size:14px;padding:10px 5px;border-style:solid;border-width:0px;overflow:hidden;word-break:normal;}
.tg th{font-family:Arial, sans-serif;font-size:14px;font-weight:normal;padding:10px 5px;border-style:solid;border-width:0px;overflow:hidden;word-break:normal;}
.tg .tg-p4gx{font-weight:bold;background-color:#329a9d;color:#ffffff;text-align:center;vertical-align:top}
.tg .tg-zlxb{background-color:#ffffff;text-align:center}
項目
値段
一般的なホテル
7,000円~15,000円
安ホテル 
3,000円~5,000円
ゲストハウス
1,000円

Photo credit: Shino Ichimiya「スリランカ/淡い空、強い海、緑の大地」

スリランカの食について

旅行で忘れてはならない要素が「食」。スリランカにも旅行者を惹きつける様々なグルメが存在します。まず、主食は日本と同様に米となります。それを様々なカレーと一緒にして食べます。カレーの具としては肉から魚までありますので、いろいろなカレーを試すのもいいでしょう。また、南国らしくココナッツ類もよく食べられます。スリランカのメインの飲み物はお茶。スリランカ人は一日、最低3杯はお茶を飲みます。

スリランカの食費はどのくらい?

スリランカの食費は日本と比較すると約半分くらいになります。ミネラルウォーター(1.5リットル)は約45円。屋台での食事は約200円くらいになります。なお、屋台ではカレーからパリプワデーまで様々なグルメが楽しめます。外国人向けの少し高級なレストランでも600円前後。なお、スリランカで長期滞在する場合、1ヶ月で交際費を含め35,000円を見ておけば、十分に足りるでしょう。

.tg {border-collapse:collapse;border-spacing:0;}
.tg td{font-family:Arial, sans-serif;font-size:14px;padding:10px 5px;border-style:solid;border-width:0px;overflow:hidden;word-break:normal;}
.tg th{font-family:Arial, sans-serif;font-size:14px;font-weight:normal;padding:10px 5px;border-style:solid;border-width:0px;overflow:hidden;word-break:normal;}
.tg .tg-baqh{text-align:center;vertical-align:top}
.tg .tg-p4gx{font-weight:bold;background-color:#329a9d;color:#ffffff;text-align:center;vertical-align:top}
.tg .tg-zlxb{background-color:#ffffff;text-align:center}
項目
値段
ライス&カレー(ベジタブル)
90LKR~150LKR
ライス&カレー(チキン)
250LKR
ベジタブルフライドライス
100LKR~170LKR
サモサ、ロール
30LKR~40LKR
パリプワデー
10LKR
水(1.5リットル)
65LKR
ホットミルクティー
20LKR~30LKR

スリランカの税金について

スリランカは「スリランカルピー」と呼ばれるお金を使っています。レートは1ルピー=0.7円程度です。旅行者に関係する税金としては消費税(付加価値税)があります。また、場所によっては観光税が上乗せされる場合もあります。ホテルでは消費税+サービスチャージがかかるのでご注意ください。入国の際、少量のお酒、香水、タバコですと税金はかかりませんが、多額になると税金がかかってきます。

スリランカの消費税(付加価値税)について

スリランカには日本でもおなじみの消費税が存在しています。スリランカの消費税は15%。この税率は2016年に定められたもので、以前よりも税率がアップしていますのでご注意ください。なお、これまで非課税の対象であった電話などの通信サービスにも消費税がかかるようになりました。消費税アップの背景には厳しいスリランカの財政事情とIMFからの指導があります。

スリランカの空港税は?

スリランカの空港税(出国税)は3,250ルピー(2,200円前後)になります。なお、空港税は航空券の運賃に含まれていますので、別途支払う必要はありません。また、24時間以内に他の国際便に乗り継ぐ際にも空港税不要です。ちなみに、スリランカ航空で成田空港からコロンボまで9時間20分かかります。万全の準備をして飛行機に乗らないと、暇を持て余してしまいそうですね。

スリランカのその他の税金

スリランカは日本とは異なり、チップの習慣があります。リゾートホテルでは50~100ルピーを渡せばいいでしょう。ちょっとしたレストランの場合は、あらかじめサービス代が含まれています。含まれていない場合はウエイターに25~50ルピーを渡せばOKです。ドライバーを一日頼んだ場合は1,000ルピー。ツアーガイドの場合は2,000ルピーを渡せば問題はありません。だいたい、このあたりを目安にすれば大丈夫です。

Photo credit: Shinya Murayama「2015 自然」

最後に

スリランカでは税制を中心に物価の変動が予想されます。スリランカに旅行される際は、事前に為替、物価をチェックしておきましょう。

ライター: Nitta Hiroshi
Photo by: Shinya Murayama「2015 自然」

Compathyでスリランカの旅行記・旅行情報をみる

Compathyでは、スリランカを訪れたみんなの旅行記やおすすめの観光・グルメスポット・ホテルなどを紹介しています。

*Shinya Murayama「2015 自然」

*Shino Ichimiya「スリランカ/淡い空、強い海、緑の大地」

*Reiko Matsumoto「緑の国 スリランカ」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP