ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジョン・タートゥーロ、映画『ビッグ・リボウスキ』のスピンオフ映画『Going Places(原題)』を撮影中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ジョン・タートゥーロは、コーエン兄弟の映画『ビッグ・リボウスキ』のスピンオフ作品とみられるドラマチック・コメディ映画『Going Places(原題)』の撮影をスタートしている。現在はニューヨークで撮影中だ。

タートゥーロが監督、出演、そして1974年のフランス映画『バルスーズ』の影響を受けた脚本を担当している。『バルスーズ』には、ミュウ=ミュウ、ジェラール・ドパルデュー、パトリック・ドヴェールらが出演し、ベルトラン・ブリエが自身による小説から自身で起こした脚本で監督した。

『バルスーズ』(タイトルは標準フランス語では”ワルツを踊る女たち”のことだが、実は”睾丸”を指すスラングである)と同じように、タートゥーロの映画は、はみ出し者の3人組を追う。この3人組の、のびのびとしてふざけた態度が何度も何度も裏目に出るうちに、不敬で性的な感情に満ちた原動力が恋愛物語に発展する。『バルスーズ』の中で、ドパルデューとドヴェールが演じる若い男は軽犯罪を犯し、法律から逃れながらフランス中を旅する。彼らが銃を持った美容師と共に敵を作った後は、彼らの旅は常に逃れる手段の1つとなる。

タートゥーロは、1998年の『ビッグ・リボウスキ』で彼が演じたジーザス・クィンタナを連れ戻すとBirthmoviesdeath.comが最初に報じた。その中でクィンタナは、ジェフ・ブリッジス、ジョン・グッドマン、そしてスティーヴ・ブシェミが演じる役を含むボーリングリーグチームと対戦する大口たたきの選手を演じる。クィンタナの役は強い訛りで話し、ムーンウォークを披露し、自身を”ジーザス”と呼ぶ。

投資とプロデュースを担当するシドニー・キンメル・エンターテイメントの代表は、タートゥーロの役の詳細は秘密である、と話した。

ボビー・カナヴェイル、オドレイ・トトゥ、スーザン・サランドン、そしてソニア・ブラガも『Going Places(原題)』に出演する。シドニー・キンメル、フェンナルド・サリシン、そしてポール=ドミニク・ヴァチャラシントゥが、ジョン・ペノッティとロバート・サレルノと共にプロデュースする。ブルース・トール、マックス・アルヴェルズ、そしてマイケル・ルイスがエグゼクティブ・プロデューサーを務める。

シドニー・キンメル・エンターテイメント、ニュー・エレメント、そしてトライバス・P・フィルムが出資する。コーナーストーン・フィルムズが全世界でセールスを担い、配給を行うICMパートナーズが米国内の権利を代表する。

タートゥーロはICMパートナーズを代理人としている。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP