ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

男女で違う?結婚したらほしい家電TOP5

DATE:
  • ガジェット通信を≫


結婚したら新たにそろえたいものとして、家電がありますよね。最近は結婚しても仕事を続ける女性も多いので、家事負担を軽くしてくれる家電はどれも魅力的!一方、男性は手軽に家事のサポートはもちろんですが、最新技術が搭載された機能が気になる人が多いような気がします。

 

そこで、20〜30代の男女に「結婚したらほしい家電は何ですか?」と聞いたところ、以下のような結果となりました。まずは、男女それぞれの人気ランキングTOP5をどうぞ!

 

■女性が欲しい家電1位はスチームオーブンレンジ

 

1位:スチームオーブンレンジ 38%

2位:空気清浄機 28%

3位:ドラム式洗濯機 27%

4位:食器洗い機 23%

5位:IH炊飯器 22%

 

■男性が欲しい家電1位は食器洗い機がトップ

 

1位:食器洗い機 30%

2位:IH炊飯器 28%

3位:空気清浄機 23%

4位:ロボット掃除機 21%

5位:ドラム式洗濯機 18%

 

■女性は「おいしいご飯を作る」、男性は「メカっぽい」のが好き

 

女性ではスチームオーブンレンジ、男性では、ロボット掃除機が上位に入っていますが、男女で欲しいと思う家電は違うのでしょうか?家電事情に詳しい神原サリーさんにその理由も解説していただきました。

 

「男性1位の食器洗い乾燥機、4位のロボット掃除機、5位のドラム式洗濯乾燥機に見られるように男性は、一般的に高機能な「メカっぽい」家電を好みます。

こうした家電を導入することで便利に暮らせるだろうという夢もあるのだと思いますが、その裏には愛する妻の家事を楽にしてあげたいという思いやりがあるはず。食器洗いや掃除などを家電任せにすることで、妻の家事の負担をなくし、『二人で過ごす時間をつくりたい』という気持ちの表れなのではないでしょうか」

 

一方、女性は結婚に際して一番に思い描くのが「おいしいご飯を作る」ことなのだとか。

 

「ふたりの幸せの象徴は、おいしい食事が並ぶ食卓なのだと思います。だから1位にスチームオーブンレンジが入るのでしょうね。食器洗い乾燥機やドラム式洗濯機は、家事を楽にしたいという思いの表れ。また、豊かさの象徴でもあるのだと思います」

 

男女共通でランキングしている家電もありますね!

 

「空気清浄機は第1子を授かった段階で購入する家庭が多いようですよ。赤ちゃんのために少しでもきれいな空気環境をつくってあげたいという親心なのでしょう」

 

■神原サリーさんが新婚家庭におすすめの家電は?

 

新婚家庭におすすめの家電も聞いてみました。

 

「まずは、コードレススティッククリーナー。出して置いても気にならないインテリア性の高いものを選べば汚れが気になったときに、すぐに掃除ができます。腰の重い男性でも、こうした家電があることで自然と家事(掃除)を手伝ってくれることに。結婚当初の習慣がその先を決めるので手伝いやすい環境づくりのためにもおすすめです」

 

もう一つは、お気に入りのコーヒーメーカー&高級トースター&ジューサーだそうです。

 

「充実した朝ご飯のために、パン好きなふたりならコーヒーメーカーやトースター、ジューサーにこだわってみるのもおすすめです。おいしく健康的な朝ご飯を一緒に食べられれば、一日が幸せに過ごせるはずですから」

 

ふむふむ。結婚生活も最初が肝心ということですね。これから新婚生活を迎える方はぜひ参考にしてみてください♪

 

 

【取材協力】

神原サリーさん

新聞社勤務、フリーランスライターを経て、顧客視点アドバイザー&家電コンシェルジュとして独立。「企業の思いを生活者に伝え、生活者の願いを企業に伝える」べく、家電分野を中心に執筆やコンサルティングで活躍中。テレビ、ラジオ、雑誌、新聞等のメディアへの出演・掲載も多数。

 

 

【データ出典】

・ゼクシィユーザーアンケート

調査期間:2016/5/30〜6/13

有効回答数:266人(女性)

 

・あなたご自身に関するアンケート 2016/4/28〜4/30実施

(インターネットによる20〜30代男性へのアンケート調査 調査機関:マクロミル)

 

 

記事提供/『セキララ★ゼクシィ』

関連記事リンク(外部サイト)

結婚後のお財布管理、どうするのが◎?
結婚したら彼にやってほしい家事は?
結婚前、やってorやらずに後悔したことTOP3

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
セキララ★ゼクシィの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP