ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

麻薬売買の捜査で、警察官は麻薬を受け取れる?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Q.

 警察官は、例えば、本当の身分を隠してヤクザであるとウソをついて売買の現場をおさえるような潜入捜査の一環として麻薬を受け取ることができる?(明文化された法令のみを考慮した場合)

(1)できる
(2)できない

A.

正解(2)できない

 刑事訴訟法などの、明確に記載された法令では警察官による麻薬の譲り受けは認められていません。
 しかし、麻薬取締官および麻薬取締員、いわゆる「麻薬Gメン」は明文の規定によって麻薬の譲り受けが認められています(麻薬取締法58条あへん法45条)。
 つまり、麻薬Gメンたちならば、潜入捜査などで譲り受けもできることになります。

 ちなみに、前述の麻薬Gメンたちは、「警察官の役職」と誤解されているケースも見受けられますが、警察官ではなく、麻薬取締官が厚生労働省の職員=国家公務員、麻薬取締員が都道府県の職員=地方公務員という身分になります。

元記事

麻薬売買の捜査で、警察官は麻薬を受け取れる?

関連情報

第1回 はじめに(ある弁護士の獄中体験記)
逮捕されたら最初に閉じ込められるのはどこ?(法律クイズ)
自首となるのか?(法律クイズ)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP