ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ありえない!日本人がスイスで驚いたこと7選〜精算前に開けてOK!〜

DATE:
  • ガジェット通信を≫

物価の高い国に常にランクインするスイスという国。だけど、驚くことは物価の高さだけではないんです。行ってみないと分からなかったスイスという国にはどんな驚きがあるのか、そんな「知らなかった!」をレポートしたいと思います。

■あわせて読みたい
ありえない!日本人がフランスで驚いたこと5選〜遅刻が礼儀?〜
ありえない!日本人がニューヨークで驚いたこと11選〜シルクのパジャマが外出着!?〜
日本人が「NO」と言わないのは、日本語の文化に関係がある?
【気になる世界の朝ごはん】体に優しい朝食。パンの種類も豊富。スイス編

1.スーパーマーケットの商品は三か国語表記!


(C) Saya Meguro

スイスの公用語はイタリア語・フランス語・ドイツ語、ロマンシュ語の四か国語。ロマンシュ語は例外としても、他の三か国語は考えてみればそれもそのはず。実はスイスはこの三か国と隣接しているので、使われている言語は場所によって変化するんです。そのため、大手スーパーなどの商品表記は偏りがでないように原材料などは三か国で表示されています。公用語が四か国語というのも驚きですが、テレビなども言語の関係でチャンネルが多いんだとか。

2. 精算前に開けてよし?

筆者がスイスのチューリッヒを訪れたときに驚いたのは、スーパーでの買い物客の「ある光景」でした。なんと目の前にいた地元の女性が、精算前であるのにも関わらずボトルウォーターの蓋を開けそのまま飲み始めてしまったのです。そのときは見て見ぬフリした筆者ですが後からスイス人の友人にこのことを尋ねてみると、なんとその光景はスイス内では「普通のこと」だそう。日本ではマナーとしてはアウトなこの行動ですが、こちらでは「どうせ最後に精算するんだから」という大前提があるのでさほど問題ではないようです。

3. 洗濯機が共有!?

日本では当たり前のように各家庭で使っている洗濯機ですが、ちょっとびっくりするのはスイスの洗濯機事情。実はスイスのアパートでは個人で所有するというよりも、地下に共同で使う洗濯機が設置されている場合が多いんです。そのため曜日と時間によって使える日が決まっており、こういったルールは住民の秩序のもと厳守することが重要視されています。そもそも部屋に洗濯機を置かない主な理由としては「エコ」や「洗濯機の音がうるさい」というものなのですが、共同スペースがあることで住民同士のコミュニケーションの場にもなり一石二鳥なんだとか。

4.ゴミ捨て事情!

ゴミの分別が細かいのは日本と同じですが、スイスのゴミ捨てにはちょっと変わった掟があるんです。家庭から出すゴミに至ってはまず日本同様ゴミ袋を買う必要があるのですが、問題は店頭には陳列されていないという点です。手にする方法はひとつ! ゴミ袋はスーパーのレジで店員からわざわざ買わなければならず、値段はなんと35リッター用の袋が約200円もするんです。ゴミ捨て事情から環境に対する意識の高さと物価の高さが、十分に伝わりますね(一部有料ゴミ袋ではなくステッカーの地域もあるようです)。

5.空気が美味しい!

スイスの最大の魅力の一つといっても過言ではないのはスイスの大自然。どこを見渡しても美しい山々が広がっており、それはまるで一度訪れた人を病みつきにさせてしまう魔法がかけられているような光景です。たとえジュネーヴやチューリッヒのような大都市であっても空気が澄んでおり、何度も深呼吸したくなってしまうほど美味しい空気を味わうことができます。

6.意外と日本食レストランが多い!

特にジュネーヴには国際機関やWTO本部、国連欧州本部があるため世界中からたくさんの人が集まります。そのためいろいろな国の料理に特化したレストランが多く存在しますが、ヘルシーな日本食は地元の人にも大人気。ジュネーヴ内だけでも30件ほどの日本食屋があるのでジャンキーな料理に疲れたら日本食を簡単に食べることができます。ただ物価もあいまってお値段はどこもそれなりにすることを肝に銘じなければなりません。

7.ハイジの世界がそのまま!

スイスのチューリッヒから列車でたった一時間で着く、マイエンフェルトという場所。なんとここはアルプスの少女ハイジのモデルになった町で、街並みから雰囲気まで本当にハイジそのままの世界をここでは楽しむことができるんです。かといって観光客で溢れている訳でもないこの場所は、都会の喧騒から離れるにはぴったりのオアシスのよう。山の麓にあるハイジカフェでコーヒーを飲んで一息つけば、自分が物語のなかにいるような感覚に陥ります。

■あわせて読みたい
行ったことがなくても懐かしくなる、スイスで再現された「ハイジの家」
まるでハイジの世界!アルプスの絶景を望むグリンデルワルト
シンプルで優しいスイスのインテリア。ハイジの家にみる素朴で豊かな暮らし

まだまだありそうな「スイスで驚いたこと」ですが全部ひっくるめて「最高!」と言える、そんな世界中の人々を魅了してやまないスイスという国。まるで絵本の世界からそのまま飛び出してきたような、四方八方に広がる美しい光景は間違いなく一見の価値ありです。

[外務省]
[Zürich]
[Tripadvisor]

■あわせて読みたい
ありえない!日本人がフランスで驚いたこと5選〜遅刻が礼儀?〜
ありえない!日本人がニューヨークで驚いたこと11選〜シルクのパジャマが外出着!?〜
日本人が「NO」と言わないのは、日本語の文化に関係がある?
【気になる世界の朝ごはん】体に優しい朝食。パンの種類も豊富。スイス編

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP