ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジョン・バーンサルとクリストファー・アボット、スリラー映画『Sweet Virginia(原題)』に出演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

トロント国際映画祭前に、Netflix製作のドラマ『デアデビル』に出演したジョン・バーンサルと、クリストファー・アボットが、インディーズ・スリラー映画『Sweet Virginia(原題)』に出演することが分かった。

イモージェン・プーツ、ローズマリー・デウィット、オデッサ・ヤングらも出演する。2012年のBlacklistに掲載されたベンとポール・チャイナ兄弟の脚本をもとに、ジェイミー・ダグが監督を手掛ける。撮影は8月27日(現地時間)に開始する。

XYZフィルムズがトロント国際映画祭で海外セールスを担い、WMEグローバルが北米のセールスを手掛ける。

バーンサルは、アボット演じる若い男と心が通い合う元ロデオスターを演じる。アボット演じる若い男は、実はこの小さな街を突然襲った暴動を掌握していた。

オートマティク・エンターテイメントのブライアン・カヴァナー=ジョーンズ、オッドフェローズ・エンターテイメントのクリス・ファーガソン、エキシビット・エンターテイメントのフェルナンド・ロウレイロとロベルト・ヴァスコンセロスがプロデューサーを手掛ける。ライアン・ケイヒルとジェシー・サヴァスが、XYZフィルムズと共にエグゼクティヴ・プロデューサーを手掛ける。エキシビットが出資する。

バーンサルは、AMCのテレビシリーズ『ウォーキング・デッド』に出演し、またベン・アフレック主演の映画『The Accountant(原題)』に出演する。アボットは、映画『James White(原題)』、映画『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』、映画『アメリカン・レポーター』に出演した。このニュースはDeadline Hollywoodが最初に報じた。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP