ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

江本孟紀氏のエモボール「単なるフォークの投げ損ない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 打者の目の前で突然ストンと落ち、「決め球」の印象が強いフォークボールの使い手としては「元祖」と呼ばれる杉下茂氏の他、村田兆治氏、野茂英雄氏、佐々木主浩らの名が挙がるが、他にフォークで名を成した投手として、“ヨネボール”の異名で知られた米田哲也(阪急ほか、1956~1977年、通算350勝)がいる。米田氏はこういう。

「ボクは指が短くて、ちゃんと挟めるようになるまで5年もかかりました。ただ、今のピッチャーみたいに、どのコースにいくかわからない球じゃなかった。フォークでもコース、高さをきちんと投げ分けられる。そうなって初めて試合で使える球になるんです。今はそれが分かってないよ」

 かつての大エースたちは決め球への自負があったのだ。そのことは、歴代3位の567本塁打を誇る門田博光氏も証言する。

「米田さんは最初のうち“若造相手に投げるのはもったいない”と、ノムさん(野村克也)相手にだけフォークを投げていたね。僕が米田さんのストレートを少しずつ打つようになると、僕にも投げてきた」

 ちなみに“変わり種”のフォークとして記憶されているのが江本孟紀(南海ほか、1971~1981年、通算113勝)の“エモボール”だ。本人が回想する。

「実は、単なるフォークボールの投げ損ないですわ。僕のフォークは挟む指のバランスがその日次第で、ボールが真っすぐ落ちたりスライダー気味に落ちたりする。たまたま妙な落ち方で上手くいった日に、マスコミが“エモボール”と持ち上げてくれたんです」

 そう苦笑いした。

※週刊ポスト2016年9月2日号

【関連記事】
フォークの神様・杉下茂「バットに当てられたのは1回くらい」
金田正一と米田哲也は軽く投げて160キロ台と小山正明氏証言
「フォークの神様」杉下茂氏 「あれはナックル」と告白する

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP