体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『死ぬまでに行きたい! 世界の絶景 体験編』作者がオススメする「学生のうちに体験しておくべき絶景スポット」5選

『死ぬまでに行きたい! 世界の絶景 体験編』作者がオススメする「学生のうちに体験しておくべき絶景スポット」5選 世界の絶景2世界の絶景1画像:Shiho_NoriakiMiwa

みなさん、この夏はどこかへ行きましたか? 実家に帰ってのんびりしたという人も多いかもしれません。けれどもせっかくの長い休み、まだ見たことのない「絶景」を体験してみてはいかがでしょうか。

「死ぬまでに行きたい! 世界の絶景」プロデューサーの詩歩さんは自身が運営するfacebookページで、世界各地の絶景を紹介。著書『死ぬまでに行きたい! 世界の絶景』シリーズは、累計販売部数55万部を超えるほどの人気を集めています。8月には新刊となる「体験編」を発売したばかりの詩歩さんに学生時代のお話を伺いながら、「学生のうちに体験しておくべき絶景スポット」を選んでいただきました。

 

英語が話せなくてもなんとかなる!

──詩歩さんは学生時代、どんなところへ旅行されていたのですか?

詩歩 初海外はイタリアで、1カ月間のひとり旅でした。まったく勝手がわからなかったので、全部旅行代理店に頼んで30万円くらいかかったと思います。節約するために男女共用のドミトリーに泊まっていましたけど、部屋にいるメンバー構成が男3:女1になったときは、さすがにちょっと恐かったですね……。でもすっかり海外のとりこになってしまって、その後エジプト、南米のペルーとボリビア、オーストラリアなど、さまざまな国に旅行しました。

──それだけいろんなところへ行くとなると、旅行の資金が必要になると思うのですが、どんなアルバイトをされていたのですか?

詩歩 餃子が好きなので、最初は中華料理のチェーン店でホールのアルバイトをしていましたが、その後、カフェのアルバイトに切り替えました。カフェに憧れていたんです(笑)。4年生の時にはインターンとして、スマホアプリ企画のアルバイトもやっていました。多い時はかけもちしながら週5回くらい働いていましたが、大学で成績優秀者に奨学金が支給される制度があったので、勉強もおろそかにできませんでした。バイト代と奨学金を合わせて、月10〜15万円くらい貯金に回していたので、かなりがんばってましたね。

──学生時代、語学を身につけるために何か取り組んでいたことはありますか?

詩歩 普通に英語を学んでいたくらいで、特に何もしていませんでした。今も英語がしゃべれるわけではないんですよ。言葉が通じなくても、意外となんとかなるんです。

 

学生のうちに体験しておくべき絶景スポット5選 selected from 「死ぬまでに行きたい!世界の絶景 体験編」

──それでは、学生のうちに体験しておくべき絶景スポットを教えてください!

 

■カワラウブリッジのバンジージャンプ(ニュージーランド) 行程:3泊6日 おすすめの季節:12月から2月 予算:約23万円〜

世界の絶景4

詩歩 商業バンジージャンプ発祥の地として有名なバンジーポイントです。ジェットコースターも乗れないほど高所恐怖症の私ですが、「せっかくだから飛んでみよう!」と思ったものの、台に昇ったら怖すぎて、飛ぶまでに8分ほどかかってしまいました……。若くないと心臓がもちません!

大自然にあふれるニュージーランドは、まさにアクティビティ大国。ラフティング、スカイダイビング、スキューバなど、他にもさまざまなアクティビティが楽しめます。若くて元気があるうちに、ぜひ体験してほしいです! 英語圏なので、ワーキングホリデーや語学留学にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

1 2 3次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。