ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

丸の内線の旧500形が海外から“凱旋” 第三の人生へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

丸の内線の旧500形が海外から“凱旋” 第三の人生へ
J-WAVE月曜−木曜の朝6時からの番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MITSUBISHI JISHO TOKYO DICTIONARY」。8月24日(水)のオンエアは、かつて東京の街で活躍した丸の内線の車両、旧500形に注目しました!

先月末、大黒ふ頭の貨物船からの一台の車両が上陸しました。

それは“旧500形”の車両。1950年代から製造され、丸の内線を40年近く走り、その役目を終えて20年前にアルゼンチンの首都・ブエノスアイレスへ渡った旧500形という車両。

現地の鉄道で人々を乗せて「第二の人生」を送ってきました。日本で引退した車両が海外で再び走るという話は、耳にする事があると思いますが、今回のように海外での役目を終え、再び日本に帰ってくることは、非常にまれだそうです。東京メトロでは、初めての「里帰り車両」。

そんな、世界を股に掛け走ってきた車両ですが“終着駅”はまだまだ先。帰ってきた東京の地で「第三の人生」が始まろうとしています。ではこの先、どのような役割が期待されているのでしょうか? 東京メトロ・広報部広報課の吉田基輝さんに伺いました。

「非常にシンプルな構造の車両で、電車の基礎を学ぶのに適しているため、基本的なことを勉強するための車両として保存します。また、イベントで皆さんに公開できればと思っています」

一方、日本の車両の海外での活用については、新たな時代に突入しているそうです。8月6日、タイで“山手線の弟分”と呼ばれる電車の運行が始まりました。

これはJR山手線の車両を土台にして日本で開発、製造された新たな車両で、日本がメンテナンスも担っていくとのことで、鉄道システムを海外で展開する新たなモデルケースとして期待されています。里帰りする車両に、海を渡る車両。日本の線路は、海外に繋がっているんですね!

毎週月曜から木曜の朝6時からの番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」。今週は「スゴい」都市、東京にフォーカスしてオンエアしています。8月25日(木)のオンエアでは、ジャーナリストの上杉隆さんをお迎えし「SUGOI-ZO TOKYO」を語っていただきます。お楽しみに♪

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/index.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。