ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

物想いの秋、大切な人と二人きりで訪れたい奈良のデートスポット20選!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

涼風が物憂いしい気分を運んでくるこの季節は、素敵な恋人との時間をより大切にしたい…

じゃらん編集部では、そんな全ての恋人たちのために秋の奈良県のデートスポットを厳選!

数々の世界遺産であるお寺巡りや、癒しをくれるかわいい鹿がいっぱいの自然溢れる景観地!

秋ならではの二人の時間を、存分に楽しんで。

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

東大寺

若草山の麓に広大な寺域を占める巨刹。奈良の大仏で親しまれる盧舎那仏始め国宝,重文級の文化財が多い。世界遺産「古都奈良の文化財」の8資産群のうちのひとつ。

\口コミ ピックアップ/

小学生の頃修学旅行に行った時以来に行きましたが、建物の巨大さに驚きます。

子供の頃に見たはずですが大仏を見たらやはり想像以上に大きくってまた驚きました。

大仏の鼻の穴の大きさと同じ穴があるので、子供の頃はくぐったりしましたが、大人の私には無理そうでした。 東大寺

住所/奈良県奈良市雑司町406-1

TEL/0742-22-5511

「東大寺」の詳細はこちら

興福寺

五重塔を配した境内は出入りが自由で,天平彫刻をはじめとする寺宝の数々は見事。創建時の建物はない。世界遺産「古都奈良の文化財」の8資産群のうちのひとつ。

\口コミ ピックアップ/

有名な阿修羅像や五重塔など見所がたくさんあります。

五重塔は古い塔の中で京都の東寺についで2番目に高いそうです。

写真ではそれほど高くは見えませんでしたが実際に近づいてみるととても高く感じました。 興福寺

住所/奈良県奈良市登大路町48

TEL/0742-22-7755

「興福寺」の詳細はこちら

長谷寺

真言宗豊山派総本山。西国三十三観音霊場第八番札所。本堂・礼堂は国宝。登廊は重要文化財、本坊は県指定有形文化財である。仁王門から本堂へ続く登廊が印象的。本堂の舞台からは、門前町や与喜山の原生林が一望できる。「花の御寺」とも称され、桜、牡丹、あじさい、紅葉、寒牡丹など四季折々の花が楽しめる。

\口コミ ピックアップ/

私のかった旅行雑誌にはあまり大きくとりあげてなかったのですが、CMで見ていってみました。すると、とても広くて、長い緩やかな石段の回廊が何とも趣があって、すごく素敵なところでした。

ちょうど時間がよく法螺を吹くところも見ることが出来、大変満足でした。

4月から5月は牡丹が有名だそうで、是非もう一度行きたいです。 長谷寺

住所/奈良県桜井市初瀬731-1

TEL/0744-47-7001

「長谷寺」の詳細はこちら

法隆寺

法隆学問寺とも、斑鳩寺とも称する南都七大寺の一つ。木造建築物では世界最古であり、ユネスコの世界文化遺産に姫路城とともに、日本ではじめて登録された。推古天皇の時代に聖徳太子により建立され、飛鳥時代を始めとする各時代の貴重な建造物や宝物類が広大な境内に存在している。

\口コミ ピックアップ/

秋の散策に最高でした!10月下旬に、正倉院展を見に行ったついでに足を伸ばしました。

広々とした境内を歩いて、お寺や塔の中をのぞいて、長い歴史に思いをはせました。

ちょうど救世観音もご開帳中で、ラッキーな気持ちになれました。

門前のそば屋でいただいた肉そばや葛切りがとても美味しかったです。 法隆寺

住所/奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1

TEL/0745-75-2555

「法隆寺」の詳細はこちら

明日香村

村内を流れる飛鳥川流域に飛鳥時代の史跡・古墳・古社寺を数多く残し,万葉の世界の雰囲気を今にとどめる。

\口コミ ピックアップ/

飛鳥は秋が最高です。お彼岸の頃に田んぼのあぜ道に咲く曼珠沙華の花がとてもきれいです。秋晴れの青空と曼珠沙華の赤とてもきれいな風景です。レンタサイクルでのんびり一日かけてめぐるのがいいと思います。(私は電動サイクルにします) 明日香村

住所/奈良県高市郡明日香村岡55

TEL/0744-54-2001

「明日香村」の詳細はこちら

奈良公園

総面積約502.38ha・東西約4km・南北2kmという自然公園で,春日山・若草山をはじめ興福寺・東大寺・春日大社なども含まれる。

\口コミ ピックアップ/

目の前で鹿がみれる!触れ合える!

すごく間近で鹿が見れます。そしてエサの鹿せんべいを持つと鹿に追いかけられてしまいます笑。目玉クリクリでとても可愛らしいし触れ合えるので何時間いても飽きません。楽しめます。 奈良公園

住所/奈良県奈良市雑司町

TEL/0742-22-0375

「奈良公園」の詳細はこちら

谷瀬の吊り橋

熊野川(十津川)に架る、長さ297m、川面からの高さ54mの日本屈指の長さの鉄線橋で、昭和29年に地元(谷瀬)地区の住民が出資して建設された、生活用吊り橋としては日本一の長い吊り橋です。周囲の山々が織りなす眺望や、渡る時に味わえるスリル感が話題を呼び、村の観光名所の一つとなっています。 ゴールデンウィークとお盆期間中は、一方通行規制が行われます。 また、平成20年8月4日に日本記念日協会より、8月4日が「吊り橋の日」として登録を受けました。

\口コミ ピックアップ/

超こわいです!高所恐怖症の主人と行きました。震え続ける主人の後ろからお腹を抱えて笑いながら渡りましたが、途中からは私も恐怖を感じました。でももう一度行ってもいいかな、主人は拒否ですが(笑) 谷瀬の吊り橋

住所/奈良県吉野郡十津川村谷瀬・上野地

TEL/0746-62-0004

「谷瀬の吊り橋」の詳細はこちら

若草山

一面芝におおわれたなだらかな山で,丸い丘が3つ重なった形から三笠山とも呼ばれる。山頂からは大仏殿や五重塔、さらに奈良市街が一望でき、素晴らしい眺めが楽しめる。

\口コミ ピックアップ/

比較的のぼりやすい山です。ふもとから登っても1時間足らずで登れます。天気の良い日は頂上でお弁当を食べるのもGOOD。

また、山の途中まで車で行くこともできます。そこから頂上まで歩いて行って、夜に夜景を見るのも良いです!

鹿にも出会えますが、鹿のふんには注意してください♪ 若草山

住所/奈良県奈良市春日野町

TEL/0742-22-0375

「若草山」の詳細はこちら

大神神社

日本最古の神社の1つ。大和の国一の宮、三輪明神として親しまれている。祭神は大物主大神。蛇神であり、国造り・医療・酒造・方除等、人間の生活全般の守護神である。三輪山を御神体とするため、本殿はなく拝殿の奥にある三ツ鳥居を通して三輪山を拝む、古代の信仰形態を現在に伝えている。拝殿・三ツ鳥居は重要文化財であり、三つ鳥居は明神鳥居3つを1つに組み合わせた特異な形式のものである。

\口コミ ピックアップ/

以前から、テレビでパワースポットと聞いていてついに今回行けました。中に、4つ位の社があり、知恵の所と本殿夫婦岩はお水の祀られてる所は行けたのですが、すごく広く、展望台も、夕日綺麗でパワーもらいました。次回は、入山と行けなかった所へ、又生きたいです。 大神神社

住所/奈良県桜井市三輪1422

TEL/0744-42-6633

「大神神社」の詳細はこちら

唐招提寺

唐僧鑑真創建の大寺。美しいエンタシスの柱で有名な金堂には天平仏が並ぶ。世界遺産「古都奈良の文化財」の8資産群のうちのひとつ。

\口コミ ピックアップ/

立派なお寺。家の近くにある唐招提寺は秋、春の観光シーズンになるとたくさんの人が参拝されます。車に通行がさまたげられるほどになります。この寺のすぐそばにも薬師寺があり1日2つ参拝できますよ。日曜日は急行も西ノ京駅が止まります。(時間は限られている) 唐招提寺

住所/奈良県奈良市五条町13-46

TEL/0742-33-7900

「唐招提寺」の詳細はこちら

橿原神宮

初代天皇であると伝えられる神武天皇が橿原宮で即位したという「日本書紀」の記述に基づき建てられました。祭神は神武(じんむ)天皇とその皇后・ヒメタタライスズヒメです。本殿は京都御所の賢所(かしこどころ)を移築したもので、文華殿と共に重要文化財に指定されています。

\口コミ ピックアップ/

神社に入る際、立派な鳥居があって大きかったです。社もとても大きく荘厳は雰囲気が感じられました。敷地がとても広かったのですべて見学するには時間がかかるでしょう。 橿原神宮

住所/奈良県橿原市久米町934

TEL/0744-22-3271

「橿原神宮」の詳細はこちら

浮見堂

鷺池に張り出した水上の憩いの場

\口コミ ピックアップ/

彼氏と。人力車のお兄さんに連れて来て頂きました(*´ω`*)

夕暮れ時で雰囲気もよく落ち着けました。

奈良公園の中ですが、東大寺や興福寺、春日大社などの寺社仏閣とはまた違う雰囲気を味わうことができました。 浮見堂

住所/奈良県奈良市高畑町山ノ上

「浮見堂」の詳細はこちら

曽爾高原

ニホンボソ,亀山とその麓にひろがる丘陵地帯。ススキが一帯を覆っています。春から夏にかけて新緑の世界を創り出し、秋にはススキが一斉に穂を出します。夕暮れ時には辺り一面金色に輝き、限りなく優しい表情を見せます。

\口コミ ピックアップ/

日中もいいけど、夕日に染まるススキもいい。山間に広大なススキの原。秋も深まると、太陽にキラキラ輝くススキの大群。池のふちから山の上まで、頑張って歩くのもいいし、少し開けたところで、腰を下ろしてくつろぐのもいい。夕方まで待って、夕日に染まるススキにも感激します。 曽爾高原

住所/奈良県宇陀郡曽爾村太良路

TEL/0745-94-2106

「曽爾高原」の詳細はこちら

石舞台古墳

蘇我馬子の墓とも伝えられるこれこそ飛鳥のシンボル,日本でも最大級という横穴式石室をもつ古墳である。すでに盛土は失われて巨大な石室が露出しているが,基壇の1辺51mの方形墳。玄室は長さ7.6m,幅3.9m,高さ4.7mの豪壮なスケールで70t級の花崗岩30数個を使用,床面周囲に排水溝をめぐらすなど上代土木事業の素晴らしさに驚かされる。この辺りは島庄と呼ばれ,島宮のあったところでこの地の豪族蘇我馬子の墓とする説が有力だが,その確証はない。

\口コミ ピックアップ/

きれいになりました。以前はこの古墳だけがある素朴な場所だったのですが、今では公園としてしっかり整備され、ピクニックを楽しんだり、ライブもできるようになっていて、隔世の感があります。土産物屋さんもそれなりにあって便利です。 石舞台古墳

住所/奈良県高市郡明日香村島庄

TEL/0744-54-9200

「石舞台古墳」の詳細はこちら

みたらい渓谷

エメラルドグリーンに輝く神秘的な淵。大小様々な滝と巨岩を縫い底まで透けて見える清流が流れるみたらい渓谷には、川沿いに遊歩道が整備され、つり橋からは滝を上から眺めることもでき、まさに絶景。新緑がきらきら輝く春、水しぶきに川サツキが美しい夏、まさに天から降ってくるように山頂から色付き全山紅葉の錦秋、山水画の冬と、四季折々の景観は、近畿地方随一の美しさとたたえられています。

\口コミ ピックアップ/

水がきれいで緑がきれいで涼しい。景色は最高。整備された歩道があるが、傾斜は厳しいところがあり、川を超える橋は揺れる上に足元は網目状で下が丸見えのため、高所恐怖症の方にはオススメできないかも。 みたらい渓谷

住所/奈良県吉野郡天川村北角

TEL/0747-63-0999

「みたらい渓谷」の詳細はこちら

瀞峡

和歌山・三重・奈良3県にまたがる北山川の渓谷で,断崖と深淵がおりなす景観は神秘そのもので、今も多くの観光客を魅了しています。 かつてはプロペラ船が轟音を発して新宮~瀞峡間を航行していましたが、今は志古~瀞峡間をジェット船が行き交っています。

\口コミ ピックアップ/

綺麗な渓谷。瀞峡をかわせみという、舟で巡りました。

船頭さんも気取らない方で、ほっこりする時間でした。

景色は抜群です。

時間が育てた渓谷美は、ただただ美しいです。 瀞峡

住所/奈良県吉野郡十津川村/熊野川町/北山村

TEL/0746-62-0004

「瀞峡」の詳細はこちら

入之波温泉

江戸時代から奥吉野の湯治場として知られた入之波温泉(しおのはおんせん)。 ”山鳩湯”は、ハトの谷を150mまでボーリングしたところ含炭酸重曹泉 神経痛などによくきく全国でも珍しい炭酸泉が湧き出てきました。 総杉丸太造りの大浴場があり、外には巨大なケヤキで作った 丸太風呂があり自然の渓谷がパノラマのように一望できます。

\口コミ ピックアップ/

すごい秘湯感がある温泉、茶色い硫黄系の温泉。

夏場は長湯に注意です、食事もできます、イノシシの剥製があり驚きます。料理処は、地元でとれた新鮮な川魚や山菜、野菜などを秘伝の味噌で仕立てた鍋で味わう南朝鍋や、紅葉なべ、ぼたんなべ、かもなべ、また、魚・あゆ山菜などもあります。季節に合わせた料理がメニューにあり、食事だけでもたち寄る価値はあります 入之波温泉

住所/奈良県吉野郡川上村入之波

TEL/0746-54-0262

「入之波温泉」の詳細はこちら

めえめえ牧場

愛らしい羊たちがお出迎えしてくれる「めえめえ牧場」。モコモコと全身が毛で覆われた姿は愛嬌たっぷりです。牧場内では羊せんべいを販売しており、自由にあげることもできます。また、牧場の周りには芝生広場が広がっており、羊を見ながらお弁当を食べることもできます。

\口コミ ピックアップ/

羊好きには必見の場所です。市街から行くのは結構大変ですがのんびり平和そうな羊に癒されましょう。羊はもこもこで見てて楽しいですよ。

羊達が草を食んだり駆け回っている様子を見るだけで癒されました。この牧場は一部柵がない所があり直接羊に触ることが出来ました。 めえめえ牧場

住所/奈良県山辺郡山添村北野

TEL/0743-86-0131

「めえめえ牧場」の詳細はこちら

くろんど池

古くは黒溝池とも呼ばれ、江戸時代寛永元年(1624)に開掘され農場用水のため池として、地域の米づくりを支えてきたくろんど池は、その一帯にはハイキングコースや、バーベキュー広場、キャンプ場などで、身近に自然を感じることのできる格好の遊びのゾーンです。

\口コミ ピックアップ/

ハイキングで有名な私市駅からすぐに行けます。

すぐにといっても山を登っていく必要があるので、それなりには歩きます。

みんなハイキングを目的としているので、それほど遠くは感じないと思います。

池はまわりでバーベキューができたり、お弁当を食べたりしてのんびりできます。

ハイキングコースも整備されており、土日は登山者が非常に多いので、迷うこともほぼないでしょう。

それでいて、難易度も低いので子供にもおすすめです。 くろんど池

住所/奈良県生駒市高山町

「くろんど池」の詳細はこちら

五百羅漢

壷坂寺から高取城跡につづく山腹巨岩に掘られた無数の石仏群で、「親に会いたくば、五百羅漢の堂にこもれ」という例えがあります。 本多因幡守が高取城築城のころ、石工などに作らせたものとされています。(他にも諸説あり)

\口コミ ピックアップ/

有名なスポットですよね。ハイキングの途中立ち寄りました。岩肌にびっしりと仏様が彫られています。その規模にはきっと圧倒されますよ。 五百羅漢

住所/奈良県高市郡高取町壷阪香高山

TEL/0744-52-2016

「五百羅漢」の詳細はこちら

※この記事は2016年8月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

自然の中でリフレッシュ!糸島の大自然満喫スポット4【福岡】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP