ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

英語で「やばい」。聞き分けるのは子音がポイント

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「これ、やばくない?」「やばい、やばい」。

いい意味でも悪い意味でも使うようになった「やばい」という言葉。でもなんとなく、本人の口ぶりや前後の文脈で、それがいい意味なのか、悪い意味なのかがわかります。

英語にもこの「やばい」と同じく、いい意味にも悪い意味にもなりうる言葉があります。

たとえば「fuck」。悪態としてだけでなく、何かをワイルドに強調したいときに「fucking」(すげえ)という表現で使われることがあるそう。

でも、英語の場合、どう聞きわければいいの?

ギズモード・ジャパンの記事によると、悪態として表現する場合は、音節の終わりが子音になる傾向があるそう。

よく使われる4文字の言葉(fuck、cunt)はこの典型で、まず最初が「fu」「cu」などの子音であり、「ck」「nt」と子音で終わります。だから「piss」と「pee」(どちらも「小便」)では「piss」のほうが下品な言葉に聞こえます。また、汚い言葉の代わりの言葉にもこの傾向はあります。「fuck」を避けたいときに「frick」と言ったり、「damn」(ちくしょう、すごい)ではなく「darn」と言うかもしれません。どちらも同じ、子音中心のパターンです。

前回、日本語は「子音を意識することで相手に好意が伝わりやすくなる」という記事を紹介しましたが、英語(のある言葉において)は子音が悪い印象を与えるとのこと。

これまで子音なんて全然気にしてなかったけれど、日本語も英語も、注意して聞いてみるとやばいかも。

撮影/田所瑞穂 文/グリッティ編集部

■ あわせて読みたい

さぁ2017年。未来をつくるのは自分と手帳
運動続かないなら、Beatsのイヤフォンで意欲高める
もし今日が退屈な一日だったら。帰り道は空を見上げよう
橘さくらさんに聞く。2016年下半期、東京女子の運気の上げ方
音楽で発露する。ブリトニー、セレーナ、P!NKのテロへの想い
七夕の短冊、何色で書く? あなたが出会う男性タイプ #心理テスト
日本酒風呂へドボン! 悪い汗がいい汗に変わる

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP