ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オーエフティー、自宅のペットにおやつをあげたり遠隔で戯れることもできる多機能なペット用見守りカメラ「Pawbo(パウボ)」を発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

オーエフティーは 8 月 24 日、自宅のペットにおやつをあげたり、遠隔で戯れることのできるペット用見守りカメラ「Pawbo(パウボ)」を発売しました。価格は 19,800 円 + 税で、楽天市場で販売されています。Pawbo は高さ 20cm ほどの大きさの Wi-Fi 対応多機能カメラです。自宅の Wi-Fi アクセスポイントに繋いでおくと、外出先からアプリを使って映像を視聴したり、Pawbo の機能を操作することができます。Pawbo のメイン機能は、写真撮影、動画撮影、おやつをあげる機能(ポトりと落とす)、レーザーポインター機能、動物の鳴き声を出す効果音機能、マイク機能です。レーザーポインターは猫じゃらし的な感覚で使います。Android 向けに専用アプリが提供されており、スマートフォンにインストールすると Pawbo を操作できるようになります。スマートフォンのマイクを使って自宅のペットに声をかけられます。ます。Pawbo」(Google Play ストア)Source : IP Plus

■関連記事
Redmi Note 3が2016年Q2のインドにおける出荷台数の半数を占める
Acer、8月31日にIFA 2016のプレスカンファレンスを開催、当日はライブ配信を実施予定
Gear S2 / Gear Fit 2がiOSに対応へ、明日よりベータテストが実施

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP