ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

篠笛奏者・佐藤和哉、メジャーデビュー発表ライヴを開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9月21日にアルバム『フエウタイ』でメジャーデビューする篠笛奏者の佐藤和哉。そんな彼が、8月23日(火)に都内のライヴハウスにファンおよび音楽業界関係者約130名を集め、デビュー発表ライヴを行なった。

佐賀県唐津市出身の佐藤和哉は、14歳の時に地元のお祭り「唐津くんち」でお囃子を吹いたのが篠笛との出会い。その後、ピアノ、ドラム、ギター弾き語りなどで音楽活動を行なっていたが、大学を卒業して、自身の原点を古くから庶民に愛されている日本の伝統楽器である篠笛に見出し、篠笛奏者の道を目指すこととなった。

“篠笛は自分が表現したい音楽を一番表現してくれる楽器。自身の音楽の方向性を模索しているときに出会った篠笛は、自分の声で歌うよりしっくりきた”と語る佐藤は、童謡や祭囃子を演奏するだけでなく、自身で作曲したオリジナル楽曲を多数レパートリーに持つ。そのうちの一曲「さくら色のワルツ」は、NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』主題歌であるゆず「雨のち晴レルヤ」のモチーフとして採用され、作曲者の一人にクレジットされている。

この日のライヴで佐藤は「さくら色のワルツ」のほか、アルバム収録のオリジナル「カナデウタ」や唱歌として長く愛される名曲「椰子の実」など6曲を披露。約30分という短い演奏時間ではあったが、美しく優しい音色を持つ篠笛の魅力を存分にアピールした。佐藤は“デビューアルバム『フエウタイ』には、皆さん一人一人に伝えたいメッセージが詰まっています。J-POPを聴くようなつもりで、気軽に聞いて欲しい。そして、僕の音楽を通して皆さんの生活にちょっとした潤いや、ささやかな幸せを感じて貰えたら嬉しいです”と語った。

また、この日佐藤が“僕の曲を気に入って採用してくれて、感謝してもしきれない”というゆずからも、“篠笛という昔ながらの楽器でありながら、現代の自分たちにも響くメロディ。伝統的な音と現代的な感覚が彼の中で噛み砕かれて、独自の世界観を生み出しているのが素晴らしいなと思います”(北川悠仁)、“真面目。真面目なんだけど、遊び心を持っているんですよね”(岩沢厚治)とコメントが寄せられた。

佐藤和哉はデビュー後の11月から12月にかけて、東京、大阪、福岡でアルバム発売記念ツアーを実施する予定だ。

アルバム『フエウタイ』
2016年9月21日発売

COCQ-85297/¥3,000+税

<収録曲>

01.明け風

作曲:佐藤和哉

02.カナデウタ

作曲:佐藤和哉

03.ふるさとの空よ

作曲:佐藤和哉 ※佐賀県嬉野市市曲

04.散歩道

作曲:佐藤和哉・KOHKI

05.虹の鼓動

作曲:佐藤和哉

06.きみとみる月

作曲:佐藤和哉

07.からつ曳山囃子(ひきやまばやし)

佐賀県唐津伝承曲

08.オベールの祈り

作曲:佐藤和哉

09.椰子の実

作曲:大中寅二

10.望郷

作曲:佐藤和哉・KOHKI

11.想

作曲:佐藤和哉

– Bonus Track –

12.さくら色のワルツ ギターDuo ver.

作曲:佐藤和哉  

※「雨のち晴レルヤ」(ゆず)モチーフ曲

「フエウタイ」CD発売記念ツアー
11月19日(土) 大阪 ESAKA HALL

11月26日(土) 福岡 スカラエスパシオ

12月04日(日) 東京 Star Rise Tower


カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP