体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「人との出会いが新しさをもたらす」。『SWITCH』編集長が語る「インタビュー」と「旅」

「人との出会いが新しさをもたらす」。『SWITCH』編集長が語る「インタビュー」と「旅」

雑誌からの依頼を断っていたマツコ・デラックスを表紙に据えてインタビューを掲載したり、SMAP解散騒動の最中の木村拓哉にフォーカスして「アウトローへの道」という特集を組んだりするなど、尖った企画を繰り出し続ける『SWITCH』(スイッチ・パブリッシング刊)。

その編集長である新井敏記氏が手掛けるもう一冊の雑誌が、「人、旅をする」をテーマに、賢人たちと旅をする雑誌『Coyote』(スイッチ・パブリッシング刊)だ。

■写真家との話から構想を固めていった『Coyote』

表紙には悠久の自然の中で佇む写真家・星野道夫の姿。そして中を開くと目に飛び込んでくる「トーテムポール」は先住民の生活の跡を示し、人々が信仰した神話の息遣いを感じることができる。アラスカに魅せられた星野の写真の数々は、思わず息をのむものばかりだ。

最新号となるVol.59では、この雑誌の創刊に大きな影響を与え、1996年8月にロシアで熊に襲われて亡くなり、没後20年を迎えた星野道夫とともに、カナダ西部の「ハイダ・グワイ」を訪ねる。

  ◇     ◇     ◇

――『Coyote』最新号の星野道夫さんの特集の巻頭言で、新井編集長は「自然の理不尽さに納得できずにいる」と書かれています。この「理不尽さ」はどのような意味を込めているのでしょうか。

新井:彼はアラスカの先住民であるクリンギット・インディアンから、「カーツ」という神話を元にした熊の家系の名前をもらいます。

そして、その名前を軸にインディアンの神話の世界を訪ねていくのですが、最期は彼の守り神であるはずの熊に襲われて命を落とした。

それは、その時の状況や環境を含めていろいろな理屈を当てはめることができます。けれども、僕はいまだに彼の死に納得ができていないんです。もう彼の新たな写真を見ることも、文章を読むこともできないわけですから。

そして、いまだに納得できないからこそ、彼の遺した写真や文章を色あせることなく伝えていきたいというのは、一人の編集者としての想いですよね。

星野さんは、自然は人間にとって決して脅威ではないこと、自然に沿って生きるとはどういうことかということを、絶えず伝えてくれていました。だから、僕らにとって、彼のメッセージを伝えていくことは大きな目標なんです。

――『Coyote』では星野さんを幾度も取り上げていますよね。それはなぜですか?

新井:「旅の雑誌」という発想は、もともと1994年の『SWITCH』での星野さんの特集をきっかけに生まれました。そして、彼と話をしながら構想を固めていった。つまり、彼と話すことによって生まれた雑誌と言えます。

だから、何度も繰り返し彼のことを特集するし、没後20年に改めて取り上げることも、僕にとっては必然性があります。その中で、自分にとって旅とは何か、自然の中に人間が分け入ることとはどういうことか、自然の中で人が暮らすとはどういうことを、繰り返し自分に問いている感じですね。

それが自分にとっての雑誌を作る上での大きな座標にもなっています。

  ◇     ◇     ◇

新井編集長と星野さんは、初めて会ったときから意気投合したという。

「彼はとんかつが好きだったんですよ。僕も大好きで、食の好みが一致した。あとは二人とも食べるスピードが速くて、僕も彼もそれまで(速さで)負けたことがなかった。同じ感覚で生きていた人がいたということが嬉しかったですね」

そして、「食」で結び付けられた二人の関係の主軸は、「旅」へと変わっていく。新井編集長自身、今でも取材のために世界を飛び回る。その背景にある星野の存在は大きいだろう。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。