ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

張り込みに面パトが使われるのはドラマだけの話

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
張り込みに面パトが使われるのはドラマだけの話

覆面パトカーであっても、交通パトカーとはまったく異なる使われ方をするのが、捜査用の覆面パトカーです。捜査用の覆面パトカーは刑事たちの“足”ではありますが、張り込みに覆面パトカーは使いません。張り込みに面パトなどが使われるのはドラマだけの話なのでした。

捜査用の覆面パトカーは営業車感覚

捜査用の覆面パトカーはトヨタ・アリオンやスズキ・キザシといったマイナーな車種が多い一方、トヨタ・マークXや日産・スカイラインといった交通機動隊と同じ車種を、捜査用として導入している警察本部もあります。

一般車に紛れ込んでいると思っているだけに、車内も雑然としているのが通常。警察であることをアピールしながら走る白黒パトカーに比べたら、刑事が乗る覆面パトカーの車内は明らかに汚いといいます。

捜査用の覆面パトカーは基本的に現場への“足”。移動手段であって、取り締まり用のクルマではないからです。会社の営業車みたいな感覚でみんなで使うから、誰もちゃんと掃除しないケースが多いといいます。

張り込みに覆面パトカーは使わない

ただし、張り込みをするのに覆面パトカーは使いません。路上駐車したクルマに男が2人乗っていたら逆に目立ってしまいます。張り込みを覆面パトカーでするのは刑事ドラマの中の話なのです。

捜査用の覆面パトカーはグリル内に前面警光灯を装備せず、マグネット式の赤色灯を車内から手でルーフに載せます。助手席側から載せる場合が多いので、左側に寄っている場合がほとんどです。

なお、助手席側のダッシュボードに赤色灯が置かれている場合は駐禁対策。警察車両と気づかずに駐禁ステッカーを貼られることもあるため、さりげなく駐車監視員にアピールしているのです。

関連記事リンク(外部サイト)

駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。