ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

村上正邦氏 「憲法改正より皇室典範の改正を先にすべき」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 故きを温ねて新しきを知る。内閣改造や新都知事、そして天皇の生前退位といった最新ニュースの深層は、戦後政治史の経験と蓄積がなければ読み解けない。そこで、本誌恒例の老人党座談会を緊急招集した。村上正邦氏(84)、平野貞夫氏(80)、筆坂秀世氏(68)の3氏が存分に語り合った。ここでは8月8日に天皇陛下が語られた11分間にわたる「お気持ち」についてだ。

村上:五輪なんかよりさ、天皇陛下のご発言についてどう考えるかが重要でしょう。私ももう84歳で、平野先生も筆坂先生もそうだけど、80歳超すといつお迎えが来るかわからんですよ。そのお気持ちはよくわかる。

筆坂:私はまだ80じゃないですよ。

村上:陛下は82歳なんだよ。おそらくいつも、「自分がいなくなったらどうなるんだろう」、「美智子さまは、皇太子殿下は、秋篠宮殿下はどうなるんだろう」、そして「この日本国はどうなるんだろう」という心配ばかりしておられるはずです。

筆坂:今上陛下は、新憲法下で初めて天皇になられた方で、いわば象徴天皇の在り方をご自分でつくり上げてこられた。だから、象徴天皇の在り方をどう引き継いでいくかを考えておられると思う。

 それに昭和天皇崩御のときには、下血がどうとか過剰報道が続き、崩御後には1年くらい儀式が続いたでしょう。皇位を譲って天皇でなくなれば、簡素化できるとお考えなのではないか。

村上:やっぱり、日本国の行く末に不安を覚えておられるんだと私は思う。安倍さんは憲法改正のことばかり言うが、皇室典範の改正が先ではないかと。

 生前退位、本来は譲位と言うべきなんだが、その生前退位を認めるのか、摂政を置くのか、女性天皇を認めるのか、そういったことを国民にも安倍政権にも問いかけておられるのだと思う。

平野:マスコミの皆さんは不勉強で知らない人が多いですが、生前退位の話は、昭和天皇崩御より前の昭和59年に、国会の内閣委員会で議論したことがあるんですよ。実際には、これまで3回議論されている。そういった経緯があるわけだから、今になって陛下にああいうことを言わせたら気の毒なんですよ。

村上:陛下の問題提起は、生前退位だけではないと、私は見ていますけどね。

平野:今回のことで私が問題視しているのは、NHKが勝手に「陛下の意思は生前退位だ」と限定して、それを実行しろと報道していることです。これは大問題です。

 皇室典範で両院議長と総理、最高裁長官などで構成すると規定された皇室会議でまず議論すべきなのに、それを差し置いて、NHKが国権の最高機関であるかのようにふるまっている。

筆坂:確かにそうだね。

平野:陛下の意向をNHKに伝えた人間がいて、NHKもそれを切り札に議論をショートカットしようとしている。しかし、天皇は政治に関与してはいけないわけで、陛下のお気持ちは切り離して、国民が自律的、理性的に判断しなければ国民主権とは言えない。

筆坂:そう、そう。リベラル派のなかには「天皇は護憲派だ」という人もいますが、こういうのも政治利用で、非常によくない。天皇というのはもっと超越した存在であって、だから、まさに象徴なのであってね。

平野:本当に共産党にいた人の発言かね(笑い)。

●村上正邦/1932年生まれ。自民党。参議院4期。労働大臣、参議院自民党幹事長、自民党参議院議員会長などを歴任。

●筆坂秀世/1948年生まれ。日本共産党。参議院2期。政策委員長、書記局長代行、中央委員会常任幹部会委員を歴任。

●平野貞夫/1935年生まれ。参議院2期。自民党、新生党、新進党、自由党、民主党などに所属。元自由党副幹事長。

※週刊ポスト2016年9月2日号

【関連記事】
天皇会見舞台裏 最大の懸念は「生前退位」の言葉の有無
天皇のお言葉で皇室典範改正なら安倍首相と支持母体に溝
天皇陛下の「生前退位」をNHKがまず報じた理由

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP