ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、スマートフォン向けサービス『dメニュー』と『dマーケット』を11月18日より提供開始

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

NTTドコモが『REGZA Phone T-01D』の発売に合わせ、先月発表したスマートフォン向け新サービス『dメニュー』と『dマーケット』の提供を10月18日より開始すると発表しました。『dメニュー』、『dマーケット』開始以前に発売された端末では、サービス開始と同時にドコモマーケット内に設置されるリンクからアクセスすればサービスを利用できるそうです。それぞれ端末のホーム画面に配置できるショートカットアイコンも提供されるとのこと。サービス開始以降に発売される機種には、ショートカットアイコンがプリインストールされているそうです。

dメニュー
『dメニュー』は、スマートフォン版『iメニュー』のようなポータルサイトで、コンテンツプロバイダによる多彩なジャンルのスマートフォン向けコンテンツ、『iチャネル』や『ドコモ地図ナビ』などドコモが提供するサービス、利用料金の確認やメール設定等を利用することができます。iモードと同様の課金・認証の仕組みが採用されており、iモード端末でマイメニュー登録した情報は自動的に引き継がれます。メニューリストの掲載サイト数は開始時点で3400サイト。対応機種はドコモスマートフォンとドコモタブレット(BlackBerryは一部利用制限があるそうです)。

dマーケット
『dマーケット』は、NTTドコモ直営のスマートフォン向けコンテンツマーケットで、開始時点では、動画サービス『VIDEOストア』、電子書籍サービス『BOOKストア』、音楽サービス『MUSICストア』および、Androidマーケットのアプリを紹介する『アプリ&レビュー』の4カテゴリーでサービスが提供されます。『VIDEOストア』では月額525円で国内外の映画やテレビドラマ、アニメ、音楽などの動画を視聴することができます。サービス開始時点の動画数は5000本。『BOOKストア』では電子書籍が販売されています。開始時点の書籍数は3万冊。「MUSICストア」では1曲あたり105円~525円で画曲が販売されています。サービス開始時点の楽曲数は100万曲。『VIDEOストア』と『MUSICストア』の対応機種は、2011~2012冬春モデルのAndroid 2.3を搭載したドコモ スマートフォン。『P-01D』、『SH-04D』、『SO-01D』は非対応。『BOOKストア』の対応機種はAndroid 2.2以上のドコモ スマートフォン。『SC-04D』は非対応。『アプリ&レビュー』の対応機種はAndroid 2.2以上のドコモ スマートフォン、ドコモ タブレット。
Source : NTTドコモ


(juggly.cn)記事関連リンク
ドワンゴ、ニコニコ静画内で電子書籍サービスを開始、無料WEB漫画誌「角川ニコニコエース」も創刊、Androidにも対応予定、
Sony、国内版Sony Tablet向けにAndroid 3.2.1へのアップデートの配信を開始
Sony Ericsson、Xperia新機種「LT28at」と「ST25i」を開発中?

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。