ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Meizu、がネーミングを一新した低コストの新型スマートフォン「魅藍 U10」と「魅藍 U20」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国メーカー Meizu がネーミングを一新した低コストの新型スマートフォン「魅藍 U10」と「魅藍 U20」を発表しました。両モデルは中国市場をターゲットにしたミッドレンジモデルで、現地では 999 元 ~ 1,299 元で販売されます。ほぼ共通の筐体デザインを採用しており、主な違いはディスプレイの大きさ、プロセッサ、メモリ仕様、バッテリー容量の部分です。魅藍 U10 は、5 インチ 1,280 x 720 ピクセルのディスプレイ、MediaTek MT6750 オクタコアプロセッサ、2GB / 3GB RAM、16GB / 32GB ROM、2,760mAh バッテリーを搭載しています。魅藍 U20 は大型モデルで、5.5 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルのディスプレイ、MediaTek Helio P10 MT6755 オクタコアプロセッサ、2GB / 3GB RAM、16GB / 32GB ROM、2,760mAh バッテリーを搭載しています。どちらも、Android ベースの YunOS や mTouch 2.1 指紋リーダー、背面に 1,300 万画素カメラ、前面に 500 万画素カメラを搭載しています。指紋認証での Alipay 決済やアプリ内決済も可能となっています。Source : Meizu

■関連記事
プラスワン、Freetel KIWAMIのソフトウェアアップデートを開始
MIUI 8の新機能「Quick Ball」は画面のタッチで端末を操作できる
Motorola、Moto 360(2nd Gen)とMoto 360 Sportのセキュリティアップデートを開始、Moto 360 SportはAndroid Wear 1.5にアップデート

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP