ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エアプレイ急伸でバーズ&メロディが初の洋楽チャート首位、ザ・チェインスモーカーズの全米No.1ソングが初エントリー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 レオンドルとチャーリーによるティーン・デュオ、バーズ&メロディの「ホープフル」が、初の1位を獲得した今週のBillboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”。

 イギリスの人気オーディション番組『ブリテンズ・ゴット・タレント』で話題となったイジメについての痛烈なラップ・ソング「ホープフル」。本日8月24日の日本デビュー・アルバム・リリースに伴い、エアプレイが急伸。エアプレイ・チャートで山下達郎の「CHEER UP! THE SUMMER」に続く、2位にランクインを果たしたことを受けての首位マークとなった。現在プロモーション来日中ということもあり、来週の1位をキープする可能性も大いにありそうだ。

 なお、同じく現在来日しているヘイリー・スタインフェルドの「ラヴ・マイセルフ」は今週2位にランクアップしたものの、僅差で1位には及ばず。とはいえ、明日23日の『スッキリ!!』への生出演や【SUMMER SONIC】大阪公演でのパフォーマンス、来日イベントなどの大型プロモ露出を受け、来週は再び両者による接戦が予想される。

 今週12位に初登場したのは、10月7日に全世界同時発売されるグリーン・デイの最新作『レボリューション・レディオ』からのリード・トラック「バン・バン」。久しぶりのアルバム・リリースということもあり、今後のチャート・アクションにも期待したい。そして今週米ビルボード・ソング・チャートにて自身初の1位に輝いたザ・チェインスモーカーズの「クローサーfeat.ホールジー」が14位に初登場。同曲は、エアプレイ、デジタル・セールス、動画再生回数らの指標でバランス良く推移しており、先週末の【SUMMER SONIC】でのパフォーマンスや全米1位などの話題性に後押しされ、さらに順位を上げてくること間違いなしだ。加えて、ザ・チェインスモーカーズは、8位に「ドント・レット・ミー・ダウン feat.ダヤ」をチャートインさせている。
 
◎【Hot Overseas】トップ10
1位「ホープフル」バーズ&メロディ
2位「ラヴ・マイセルフ」ヘイリー・スタインフェルド
3位「ケーキ・バイ・ザ・オーシャン」DNCE
4位「コールド・ウォーターfeat.ジャスティン・ビーバー&ムー」メジャー・レイザー
5位「ウェイク・ミー・アップ!」アヴィーチー
6位「ソーリー」ジャスティン・ビーバー
7位「キャリー・オン」ノラ・ジョーンズ
8位「ドント・レット・ミー・ダウン feat.ダヤ」ザ・チェインスモーカーズ
9位「ハッピー」ファレル・ウィリアムス
10位「キャント・ストップ・ザ・フィーリング!」ジャスティン・ティンバーレイク

関連記事リンク(外部サイト)

8月29日付 Billboard JAPAN 国内洋楽チャート“Hot Overseas”
SKE48「金の愛、銀の愛」総合首位、JY「好きな人がいること」ダウンロードとMVで1位
西野カナ『Just LOVE』が3連覇!SMAPベストがトップ10入り

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP