体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自分の望み通りに相手を動かす心理メール術

f:id:k_kushida:20160823185341j:plain

■行動を促すメールでは、読み手の感情に訴えかけよ!

世の中には2種類の人がいます。相手の心を動かすメールが書ける人と、相手の心を動かすメールが書けない人です。

たとえば、ある会社の社長に対して、営業マンAと営業マンBさんがアポ取りのメールを書いたとします。そのときに、営業マンAには「では会いましょう」と快諾の返信がきて、営業マンBには「忙しいのでまたの機会に」と断りの返信がくる。私たちの身の回りでは、そういうことが頻繁に起きています。当然、仕事で成果をあげ続けているのは営業マンAのほうです。

両者の違いはどこにあるのでしょうか? それは、読む人の心を動かす文面を紡げているかどうかです。人は「感情」を備えた生き物です。したがって、相手に何かしらの行動を望むのであれば、「感情」に訴えかける文面を紡ぐ必要があります。

■名著に学ぶ「人の名前」の重要性

自分の名前を覚えていて、それを呼んでくれるということは、まことに気分のいいもので、つまらぬお世辞よりもよほど効果がある。逆に、相手の名前を忘れたり、まちがえて書いたりすると、やっかいなことが起きる。

デール・カーネギー著『人を動かす』より

自己啓発作家のテール・カーネギーは、自身の著作のなかで、名前の重要性について、こう語っています。平たく言えば“人は自分の名前を呼ばれると嬉しい”ということです。なぜなら、自分を大切に扱ってくれている、と感じるからです。

逆に、相手から名前を呼ばれなかったり、名前を間違えられたりすると、「軽んじられた」と感じ、相手に好意を持てなくなったり、抗戦的な態度に出たりすることがあります。人は、それほど自分の名前を大事にしています。メールを書くときにも、この人間心理を押さえておく必要があります。大事なのは以下の2点です。

ポイント1:人の名前を間違えて書かない

ポイント2:積極的に人の名前を書く

ポイント1を意識するのは、マナーとしても当然でしょう。一方で、ポイント2を意識している人は意外に少ないかもしれません。メール冒頭の「宛名」以外にも、適宜、相手の名前を挟むことによって、相手が好意や好感を抱きやすくなります。

△ お会いできるのを楽しみにしております。

二宮さんにお会いできるのを楽しみにしております。

このわずかな違いが、「相手の感情が動く or 相手の感情が動かない」の差を生み出すのです。

■依頼のメールでは、相手の自己重要感を満たすことに注力せよ

f:id:k_kushida:20160823185459j:plain

筆者のもとには、よく講演や研修の依頼メールが届きます。たとえば、次のようなメールです。

【依頼メールA】

弊社の社員向けに「文章作成」の研修を検討しております。

山口先生に講師をお願いしたく、ご連絡差し上げた次第です。

仕事の依頼ですので、ありがたいメールには違いありません。しかし、感情が揺さぶられるほど嬉しいかといえば、答えはノーです。では、次のようなメールであればどうでしょう。

【依頼メールB】

弊社の社員向けに「文章作成」の研修を検討しております。

いくつかの「文章の書き方本」に目を通しましたが、

山口先生のご著書がずば抜けて分かりやすく、

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会